スポーツジムでプールをはじめませんか?アクアスポーツ徹底解説

 記事の最終更新日:   作成日:2015/8/13

スポーツジムでプールをはじめませんか?アクアスポーツ徹底解説

意外と知られていない、水泳・アクアスポーツ/トレーニングのポイントをまとめました!

マラソン、エアロビクス、ウエイトトレーニング…。さまざまな運動がありますが、実はオススメは「アクアスポーツ」です!!

  1. 水泳だけじゃない!アクアプールとは
  2. ダイエットにも効果的!アクア系のメリット
  3. 要注意!アクア系のデメリット
  4. アクア系のおすすめ実践方法

水泳だけじゃない!アクアスポーツとは

アクアスポーツとは、水中で行う運動・トレーニングの総称です。

水中運動というと水泳が有名ですが、それ以外にもいろいろあるんですよ!

水中ウォーキング

水中を歩く運動です。誰でも簡単にできるのがメリット。ご高齢の方にも人気があります。

浮き輪エクササイズ

浮き輪を使ったエクササイズです。泳げない方、水に浮かぶのが苦手な方も、効果的に実践できます。

アクアビクス

音楽に合わせて身体を動かすエアロビクスを、水中で行うものです。

水球

ビーチボールを使って、水中で行うバレーボールのようなスポーツです。

ベビースイミング

赤ちゃん向けの水中運動です。水に慣れるほか、健やかな成長のために役立ちます。0歳から実践できるプログラムもあります。

ダイビング(潜水)

水中に潜って活動する運動です。酸素ボンベなどを使わなくても、普通の水着とシュノーケルで行う気軽なものもあります。

ダイエットにも効果的!アクアスポーツの4つのメリット

アクアスポーツのメリット

アクア系の運動は、陸上で行う運動とは大きな違いがあります。

水中ならではの健康や美容、ダイエットなどにさまざまなメリットをまとめました。

【メリット1】体重の負担が少ない

水中では浮力が働くので、足腰にかかる負担が少なくなります。そのため、ダイエットやメタボ対策、肥満治療に最適と言われています。

【メリット2】消費カロリー量が多い

同じ運動でも、水中で行うほうが消費カロリーが大きくなります。水圧や水の抵抗の影響を受けるためです。

【メリット3】全身の“めぐり”が良くなる

水中は温度が低いため、体温を保とうとする身体の機能が働きます。これにより血流が活発になり、全身の”めぐり”が改善されます。とくに下半身への効果が高く、脚のむくみや腰痛の改善も期待できます。

【メリット4】全身の有酸素運動になり、脂肪が燃えやすい

水中では全身に水圧がかかるため、水の中にいるだけで全身運動になります。また、緩やかなペースで長時間行う有酸素運動でもあります。

全身の有酸素運動となるため、効果的に脂肪を燃やすことができます。

要注意!アクア系のデメリット2つ

水中で行うアクア系の運動には、注意しておきたいデメリットもあります。

【デメリット1】水中事故

水中では、思わぬ事故が起きてしまう危険もあります。プロのトレーナーの監督・指導が絶対に必要です。

【デメリット2】中耳炎、網膜炎など

汚れていたり、衛生設備が整っていない場所で水に入ると、雑菌により中耳炎や網膜炎などの危険が高まります。

衛生のしっかりした施設を利用しましょう。

アクア系のおすすめ実践方法

効率が良く誰でも楽しめるのが、アクア系トレーニングの特徴です。

アクアスポーツの実践方法

ですが、さまざまな危険もあるため、衛生環境の整った施設で、プロの指導の下に行うようにしましょう。

専門のジムに通うのが最も良いですが、特にオススメなのは、セントラルスポーツです。
全国大手のスポーツジムで、特にアクア系が充実しています。

他のジムにはないプログラム等もあり、水中運動・アクアトレーニングをはじめるのに最も適しています。

プール、アクアスポーツに関する関連情報はこちら!!

swimming-wear-guide_thumbnail entryimages_kenkostyle_3_15
▼スポーツクラブのプールでオススメの水着の選び方
プールに入る際の注意点や水着以外に必要なものや水着選びのポイントを解説。 スイミングキャップはどのスポーツジムでも着用が必須です。
▼水泳、プールで使う消費カロリーはウォーキングのなんと3倍!!
ダイエットには有酸素&全身運動ができる水泳がオススメ。脂肪を燃焼させて痩せるためには最適!
kenkostyleinfo-pool-prepare-guide-thumbnail entryimages_kenkostyle_3_08
▼スポーツクラブではじめてプールを利用する人向けガイド
プールの利用には注意事項やマナーなどが多いです。これからはじめてスポーツクラブのプールを利用する方のためにわかりやすくまとめてみました。
▼プールはダイエットの味方!膝を守れる有酸素運動
体を傷めないよう、運動効率は適度に高く配慮するためにプールをしよう!ゆくゆくは地上で、という人もプールから始めるのがオススメです。

 

 - プール ,