妊娠中も適度な運動は必要です!運動時のポイントや注意点

 作成日:

kenkostyleinfo-about-maternity-sport-main

妊娠中は、身体を大切にすることが非常に重要です!

身体になるべく負担をかけないよう、仕事を休んだり、外出を控える方も多いかと思います。ですが、経過が順調であれば、適度な運動は妊娠・出産に良いとも言われています!

ここでは、妊娠中の運動について、ポイントをまとめていきます。

妊娠中の運動、どのようなメリットがある?

「妊婦さんに良い」とされる運動は、主に有酸素運動だと言われています。

ウォーキング、スイミング(水中歩行など)、また妊婦用にプログラムされたエアロビクスなどがあり、マタニティケアの一環として定着しつつあります。

まずは、妊娠中に運動をすることのメリットを見てみましょう。

【1】運動不足を解消し、体力をつける

元気な赤ちゃんを生むためには、母体の健康と体力が必要不可欠です。
出産の際、お母さんの身体にかかる負担はかなりのもの。しっかりと体力をつけて、出産に備えておくことは欠かせません。

ですが、妊娠中は身体も重く、激しい運動もできないため、どうしても普段より運動不足に陥りがち。
そのため、妊婦さんでも安全に行える、マタニティ向けの運動で運動不足を解消することが大切になります。

【2】気分転換、ストレス解消

kenkostyleinfo-about-maternity-sport-middle-01

「マタニティブルー」あるいは「マタニティハイ」という言葉があるように、妊娠中の女性は、精神状態が不安定になりがちです。

ホルモンバランスの変化によるもので、ある程度は仕方がない面もあるとは言えますが、それでも何か対策をしたほうが良いでしょう。

特にストレスは、母子の健康に関わる大きなポイントの一つ。しっかりとストレスを解消し、心身ともに健康を保つことが重要です。

軽度の運動にはストレス解消の効果も認められており、メンタルケアの意味からも、妊娠中の運動は良いとされています。

【3】身体のめぐりを良くする

妊娠中に限らず、運動不足は、からだの巡りの悪さにつながります。

巡りが悪くなると、冷え性、便秘、腰痛、貧血、手足のむくみなど、さまざまな症状により健康が損なわれてしまうことも。健康的な身体で元気な赤ちゃんを産むためにも、こうした症状を改善し、めぐりの良い身体を作ることが大切です。

適度な運動で、めぐりの良い元気な身体をキープしていきましょう。

妊娠中の運動のポイント

次に、「妊婦スポーツの安全管理基準」を参考に、妊娠中の運動の際、気をつけるポイントを解説していきます。

●基本は有酸素運動

有酸素運動とは、緩やかなペースで、長い時間続けられる運動全般を指します。ウォーキングやマラソン、エクササイズ、水泳などが身近な例ですね。
瞬発力を使う運動、競技性のもの、人や器具(ボールなど)と接触するような運動は避けるべきとされています。

●ストレッチを充分に

運動の前後に、ストレッチを念入りに行いましょう。身体をほぐし、運動中の事故を防ぐためです。
妊娠中は特に、転倒など軽いトラブルが重大な事故につながりかねません。安全のために、ストレッチが非常に重要になります。

●無理は禁物

「運動」といっても、激しい運動や、身体に無理な負担がかかるものは禁物です。
どんな運動でも、普段よりも緩やかなペースで、息が上がらない程度に留めましょう。

●母子手帳を持ち歩き、誰かと一緒に行う

どれだけ気をつけていても、身体の状態に急な変化が起きないとは限りません。万が一に備えておくことが大切です。

絶対に一人で運動せず、誰かと一緒に行う、母子手帳を持ち歩く等、しっかりと備えておきましょう。

●真夏の炎天下を避ける

妊娠中の運動は、環境にも注意する必要があります。熱中症などのリスクがある夏の炎天下は避けたほうが賢明でしょう。また、冬季の屋外も身体への負担が大きくなるため、避けたほうが良いと言えます。

妊娠中の運動は、安全が何より大切です。しっかりと安全意識を持ち、注意しながら実践しましょう。
スポーツ医学の知識を持った、専門のトレーナーの指導で行うことが、最も望ましくなります。

 - 健康 , , , ,