背筋のトレーニングは腹筋のトレーニングとバランスよく行おう!

 作成日:

entryimages_kenkostyle_5_08

体幹を鍛えるときに、マシントレーニングをすると、背筋と腹筋を別々に鍛えられます。マシントレーニングが通常のトレーニングよりも有効なのは、こうした、「ある部分を集中的に鍛えられる」ないし「ある部分を意識的に鍛えられる」という点にあります。

筆者は、背筋を鍛えるマシンが好きでしたが、そのメニューをジムのインストラクター方に話したところ、背筋を鍛える回数の2倍程度は腹筋を鍛えるようにという旨の注意を受けました。

背筋、腹筋は体を支える大きな筋肉としては表裏の関係にあります。背筋を伸ばせば腹筋は縮みますし、腹筋を伸ばせば、背筋は縮みます。マシントレーニングは部分的な筋肉をちゃんと鍛えられる点に威力を発揮しますが、筋肉はただ一つで存在しているわけではないため、一つの筋肉だけを鍛えるようなメニューを作ってしまうとほかの筋肉とのバランスを欠いたものになりかねません。

結果として、「意識的に偏ったトレーニングをしてしまったがために」健康を損なってしまうことになる可能性があるわけです。

部分トレーニング、部分ダイエットには落とし穴が!

このように、人体は様々な筋肉によって成り立っています。マシントレーニングは弱い部分や鍛えたい部分に負荷を集中させることによって、ピンポイントのトレーニング可能ですが、落とし穴もあるということです。

自分一人でトレーニングをしていると、どうしても、好きなトレーニングやマシンに張り付くことになってしまいかねませんが、折に触れて、インストラクターの方にメニューを見てもらって、トレーニング内容を確認してもらったほうが賢明です!!
実はトレーニングの方法が間違っている方が多いどうですが、中々インストラクターの方から話しかけることが難しいという話を聞いたことがあります。一度確認してみた方が良いでしょう。詳しくは下記関連記事にまとめました。

トレーニングはもちろん体を使うものですが、トレーニングの質を高めていくためには人体に関する知識やノウハウなど、頭を使う必要もあります。トレーンニングをしていると、気持ちが良いため、ついつい脳筋思考になってしまいがちですが、冷静な判断が必要なのです。

関連記事:インストラクターやスタッフと仲良くなると色々お得

 - 健康 , , , , ,