朝食を抜いている人は要注意!ダイエットには逆効果

 作成日:

entryimages_kenkostyle_4_22

ダイエットしたいなら、一日3食をしっかりと!

朝は忙しいから朝食を摂っていないという方が多いのではないでしょうか。

しかし、朝食こそが一番モリモリと食べるべきところです。

朝食はその日一日をかけて消化される食事です。ですから、多めに食べてしまっても、一日普段どおりに生活していても消化されるものなのです。だからこそ、その日を元気に過ごすために朝食はとても重要といえます。

朝食を抜いている方は黄色信号です。

実は人間の身体は食事の頻度が減ってしまうと、食事をしたときの栄養をムダにしないようにと体内に蓄積をしようとする働きが生じます。
朝食を抜くと、その分を補おうとして身体が必要以上のエネルギーを消費せずに蓄積しようとします。普通なら消化されるべきエネルギーが体内に残ってしまうことになり、蓄積するので体重増加の原因になってしまうのです。

そして体内に少しでもエネルギーを蓄積しようとインスリンがたくさん出てしまって活発になるので脂肪がつきやすい身体になってしまいます。

1日3食を食べるのが理想的ですが、仕事などで中々時間通りに食事ができない場合は、簡単に栄養を確保できるような健康食品などをカバンに入れておくと良いです。

3食ごはんは栄養バランスを取って!

entryimages_middle_3_05

1日3食、バランスの良い食事をすることでダイエットしてからもリバウンドしない身体になります。
理想的なバランスは炭水化物:たんぱく質:脂質の割合が2:1:1といわれています。

これは古き良き日本の食事といったような「和食」がこの栄養バランスに最も近いといわれ、この食事が主流だった頃の日本人には肥満は少なく、食べ物がとても関係するといわれている加齢臭などもなかった時代といわれています。

現在、日本の食事は今急速に欧米化しました。肥満が増え、加齢臭なども気になる方も増えたことでしょう。しかし、食事の改善によって欧米食から和食に切り替えることでダイエットを効果的に行うことができます。

また、「ダイエットには野菜が良い」と言われるせいで野菜ばかりを食べてしまったり、炭水化物を抜いてしまったり、特定のものに偏った食べ方は身体に悪影響を及ぼします。
炭水化物、脂質、たんぱく質もしっかりと摂るようにした方が良いです。

一日1600キロカロリーを目標にしてリバウンドしにくい身体を作る!

ダイエットを挫折してしまう人の多くは管理する食事から開放されたいがためのドカ食いです。
リバウンドは過度な食事制限などが元で、ストレスが溜まってしまい身体が代謝を下げてしまうことから起こってしまいます。

一日のはじまりである朝食に重点を置き、朝食に600キロカロリーほどを摂取しましょう。
その後昼食でも500キロカロリーぐらいを心がけ、夕食は軽めに400キロカロリーほどにおさえます。
残りの100キロカロリーは昼~夜の間の空腹時に間食として食べるもののための余裕があると良いです。

 - ダイエット , , , , ,