セントラルスポーツ上池袋店とコナミスポーツクラブ池袋店を徹底比較!

 記事の最終更新日:   作成日:2016/7/1

kenkostyleinfo-central-konami-hikaku-main

スポーツジムに通おう!と思ったとき、迷ってしまうのがジム選びですよね。

そこで今回は、大手スポーツジムの「セントラルスポーツ」と「コナミスポーツ」を、設備・料金・サービスの3つのポイントで比較してみました。

設備面の違い…どちらもハイレベル!セントラルスポーツには“他社にない特徴”も?

設備の充実度は、スポーツジム選びの重要なポイントです。

ランニングやウォーキングなどの有酸素マシン、フリーウエイトなどのマシンは、「最新式の設備が導入されているか」「台数が揃っているか」といった点もチェックポイント。

数が少なく、いつも混んでいて使えない…となると、せっかく入会しても台無しですよね。

さて、こうした設備面に関しては、セントラルスポーツも、コナミスポーツも、ともに充実しています

両社とも国内最大手のスポーツジムなので、設備面で不満を感じることは、ほとんどないでしょう。具体的にどんな設備があるかは、店舗によっても違いがありますが、「スポーツジムのマシン」と聞いて頭に思い浮かぶものは、だいたい揃っています。

ただし、セントラルスポーツには、コナミスポーツにはない設備面の特徴があります。

それは、各種のプールやその関連設備(シャワーなど)といった、「アクア系」の設備が大変充実していることです。全国の全店舗にプールがあるほか、ジャグジーやサウナがある店舗も多くなっています。

もともとセントラルスポーツはスイミングスクールを日本で初めて成功させた会社です。

総合スポーツジムとなった現在でも、アクア系設備の充実度が高いんですね。

そうした経緯もあるため、スイミングコーチなどのアクア系スタッフも、他社に比べて高レベルだと言われています。

アクア系のトレーニングは、お子様からお年寄りまで、大勢の方が楽しめる有酸素運動です。

こうした運動にチャレンジしたい方は、アクア系の実績とノウハウを豊富に持つ、セントラルスポーツを選んでみましょう。

スポーツジムでプールをはじめませんか?アクアスポーツ徹底解説関連記事:スポーツジムでプールをはじめませんか?アクアスポーツ徹底解説

料金の違い … プランはいろいろ、でも総合的に安いのは?

スポーツジムの料金は、利用目的や頻度に合わせて、さまざまなプランが用意されています。

ここでは、「すべての設備を、いつでも使い放題」の、もっとも充実したプランで比較してみましょう。

《セントラルスポーツ上池袋店 … シングルプラン10,000円(税込10,800円)

・利用時間:全営業時間
・駐車場:1時間まで100円、以降30分毎に100円
・個人プログラム作成サービスあり
・その他:他クラブ利用可

《コナミスポーツ池袋店 … 好きなだけフリー 月会費12,895円》

・利用時間:全営業時間
・駐車場:店舗によって異なる。池袋店の場合、サンシャイン地下駐車場が2時間300円。
・個人プログラム作成は、内容ごとに別料金
・その他:全国のコナミスポーツクラブ全店を利用可能。

比較すると、セントラルスポーツのほうが安い料金になっていますね。

駐車場料金は、あまり差が無いようです。

ただし、セントラルスポーツの場合は、「個人プログラムサービス」がついているのが嬉しいですね。

これは、一人一人に合わせた最適なトレーニング・プログラムを作成してくれるサービス。「運動したいけど、何をやったら効果的なのかわからない」といった私たちの悩みにも、しっかりと応えてくれます。

コナミスポーツクラブにも、同様の“パーソナルプログラム”が用意されていますが、こちらの利用は別料金となっています。

どちらも全国大手の充実した総合スポーツジム…と考えると、セントラルスポーツのほうがお得感がありますね。

サービスの違い … 池袋のジムで比較!細かい違いがいろいろある?

設備や料金と同じくらい重要なのが、サービス面の違いです。

どれだけ設備が整っていても、料金が安くても、サービスに不足があると、快適に利用できませんよね。

そんなサービス面ですが、コナミスポーツクラブ、セントラルスポーツ、どちらも全国大手だけあり、非常に充実しています。

普通にジムを利用する上で、不足を感じることはないでしょう。

両社とも店舗によって違いがあるので、一概にどちらが整っている…とは言えません。

ですが、「コナミスポーツクラブ池袋」と、「セントラルスポーツウェルネス上池袋」を比較すると、次のような違いがわかりました。

○託児施設 … セントラルスポーツ池袋:あり / コナミスポーツクラブ池袋:なし

セントラルスポーツには託児施設(キッズスペース)があり、小さなお子様の預かりも行ってくれるようです。

「運動したいけれど、子どもが小さくて手が離せない」という方も、これなら安心して利用できますね。

なお、キッズ向けのスクールプランは、コナミスポーツクラブ、セントラルスポーツ、両方とも揃っています。

どちらも充実の内容となっているので、お子さまの体育に関心のある親御さんは要チェックですよ!

○プロショップ … セントラルスポーツ池袋:なし / コナミスポーツクラブ池袋:あり

プロ向けのトレーニンググッズやスポーツウエア、健康補助食品など、各種の本格スポーツ用品を扱うプロショップ。

こちらは、セントラルスポーツにはありませんが、コナミスポーツクラブには開設されています。

プロ向けだけあり、品質も最高級のアイテムばかり。

超本格的なトレーニングに取り組みたい方は、一度チェックしてみても良さそうですね。

ただし、高級アイテムであるぶん、お値段もやはりプロ仕様。お買い物には、それなりの予算も用意が必要そうです。

○個人契約ロッカー … セントラルスポーツ池袋:あり / コナミスポーツクラブ池袋:なし

スポーツジムは、大勢の人が出入りする場所。ロッカーに私物を預けるのに、不安のある方も多いと思います。

コナミスポーツクラブ、セントラルスポーツ、両社とも警備も大変しっかりしており、「泥棒に盗まれる」といった心配は、まずありません。

ですがセントラルスポーツの場合、それに加えて「個人契約ロッカー」も用意されています。

コナミスポーツクラブのロッカーは、他の一般的なジムと同様に、共用ロッカーのみとなっています。

この違いを考えると、セントラルスポーツのほうが、安心して私物を預けて、トレーニングに集中できそうですね。

施設ごとに設備とサービスに違いがあります!

スポーツジム選びのポイントにもなってきます。
通いたいスポーツジムには一度体験をすることをオススメします。

両方とも、とても充実したスポーツジムで、内容の満足度も高そうだと思いました。

私も以前、地方の小さなスポーツジムに通っていたことがありましたが、それと比べると段違い。

やはり全国大手のジムの設備は魅力的です。

ただ、セントラルスポーツのほうが料金が比較的安く、個人プログラム作成サービスもついてくる…となると、こちらのほうがコストパフォーマンスが良さそうだと思います。

個人ロッカーや託児施設など、利用者の利便性を考えたサービスがあるのも、セントラルスポーツの魅力ですね。

しかし、コナミスポーツにも、プロショップなどの楽しそうなサービス設備もあるので好みでしょう。

大手スポーツジム・フィットネスクラブの特徴を比較!
関連記事:大手スポーツジム・フィットネスクラブの特徴を比較してみました!

 - セントラルスポーツ