ダイエットに向いている食べ物は高GI食品?それとも低GI食品?

 作成日:

entryimages_kenkostyle_3_13

世間では、あらゆる簡単ダイエット方法がたびたび流行しますが、食事制限をしてダイエットをする方法がは昔からメジャーです。ダイエットと食事の関係は切っても切り離すことはできません。

もちろん、運動も必要ですが食事に関してもに気を遣うことが大事です。ダイエット=きつい運動というイメージがありますが、食事を作ったり考えたりするのもダイエットのうちです。

食事制限といっても「断食ダイエット」ということではなく、きちんとバランス良く食べてカロリー摂取を考えることでダイエットをすることができます。まず一日のカロリーを計算してみましょう。

日本人の位置にの摂取カロリーの平均値は1,800~2,000Kcalと言われています。自分の身体に必要なカロリー以上のものを摂取してる場合、余分なカロリーが太る原因になってしまってるということです。

ダイエットに向いていない食べ物・・・高カロリー,食品添加物,動物性タンパク質,高GI食品

白砂糖・グラニュー糖などの糖分
entryimages_middle_2_03

白砂糖やグラニュー糖などの成分「ショ糖」と呼ばれるものは、ブドウ糖と加糖が結合してできている物質です。

エネルギーを作る関係でブドウ糖などは身体に非常に良い効果をもたらしますが、カロリーがとても高いです。

お菓子を作ったことがある人ならご存知だと思いますが、とんでもない量のバターと砂糖を入れますよね。

通常のホールケーキ1台分ですと生クリームも含め1台150~200g位砂糖が入っています。日本で一般的にスーパーなどで買える砂糖のほとんどは「上白糖」ですが、100gで約400kcalにもなります。

食品添加物

食品添加物とは、保存料や甘味料・着色料・香料などの食品を長く保存するための目的で使われるものです。色々な健康リスクがあると言われていますが、すぐに悪影響を及ぼしたり健康が損なわれるわけではないですが、過剰摂取は問題があります。

ましてや、ダイエットしているのならば極力避けたい食品です。添加物は体内酵素の働きを妨げてしまうので、代謝も悪くなりニキビなどもできやすくなってしまいます。

食品添加物の表示名と添加されやすい食品としては「インスタントラーメン」「マーガリン」など。「酸化防止剤」が入っています。合成保存料、合成着色料、粘着剤と言った添加物にも注意が必要です。

 肉や魚・乳製品・卵などの動物性タンパク質

冒頭にNGフードと書いていますが、基本的には全て摂取しても問題ありません。むしろ糖分や動物性タンパク質は身体に必要な物質なので摂取した方が身体には良いです。問題は「量」です。

どんなに体に良いもでも、摂りつづければそれは毒になる場合もあります。

また、動物性タンパク質を取りすぎると消化が悪くなり、便秘になりやすいです。ダイエットするなら絶つまでは行かずとも週の肉摂取量が300g以下が望ましいですね。卵も2日に1個くらいかいいでしょう。

ご飯・パン・うどんなどの高GI食品

数年前にSOYJOYで話題になった「低GI」という言葉。
GIとは「グリセミック指数 (glycemic index)」といわれ、身体の中で炭水化物が消化され糖になる速度の数値を指しています。糖になる速度が速いと高GI、低いと低GIとなります。

「間食はダイエットの味方?仕組みを理解して食事をする。」という記事でも書きましたが、血糖値が急激に上がると身体に負担がかかる上に、身体はより多くの糖や栄養を吸収しようと働きます。

血糖値を緩やかに上げることにより満腹感も長く続き、痩せやすい体質になります。

過酸化脂質・トランス脂肪酸

油で揚げた唐揚げやポテトの他、天かす・干物などに入っています。要するに”油”です。スナック菓子やコンビニスイーツに多く使われる「ショートニング」や、バターもどきの「マーガリン」などにも多く含まれています。

entryimages_middle_2_04

 「ダイエット時に極力避けた方が良い食べもの4つ」を見て頂ければわかると思いますが、ダイエットでは油は一番避けた方が良いです。

特に使い古された油で揚げられた食品は注意して下さい。

つまり・・・パンの上にマーガリンをのせた食べ物はダイエットの最悪の敵ということです。

(美味しいのですがね。。)

ダイエットに向いている食べ物・・・生の野菜・果物,大豆,低GI食品

生野菜・生フルーツ
entryimages_middle_2_05

生野菜・生フルーツには酵素がたくさん含まれています。もちろんサラダにしたり、味噌をつけてそのまま食べたりでも良いですが、オススメは「ジュース」にすることです。

その際、豆乳と混ぜたり氷をいれてスムージーにしたり色々試してみることをオススメします!

組み合わせでレシピは無限大なので、美味しい味を探すのは楽しいです。酵素は温度が上がると死んでしまうので、必ず生野菜を摂取しましょう。

詳しくはこちらに書いてあります→「野菜ジュースはダイエットに効果がありません!」

大豆や味噌などの発酵食品
entryimages_middle_12

発酵食品には豊富に酵素が含まれています。飲むヨーグルトなどのように、乳酸菌がたくさんあるので善玉菌を増やしてくれます。できれば毎日取りたい食品!

他にも納豆や、最近話題の麹・漬物・キムチ・・・etc

どれもダイエットと相性の良い食品です。納豆×キムチなんかは合わせても美味しいですし、麹の漬物もあります。
工夫次第で毎日摂取も可能です!

玄米・ライ麦などの低GI食品
entryimages_middle_2_07

上に書いた高GIの食品とは逆で、血糖値の上りが緩やかでお腹が減りにくい食品です。白米の代わりに玄米や雑穀米ごはんにしたり、おかゆにして食べるのもカロリーが低いのでオススメ。

パンでも全粒粉にするなど工夫次第でカロリーはかなり減ります!

その他低GI食品は炒ったナッツ類、海藻、キノコなどがあります。

 - ダイエット , , , , , ,