効果的な運動方法【前編】

 記事の最終更新日:   作成日:2014/5/21

kenkostyleinfo-effective-exercise-1

「毎朝通勤時に歩いているから」「スポーツジムに通っているから」…だから運動不足じゃない!と思っている人が多いです。私もその一人でした。ただ動いているだけでは、運動の効果はかなり薄いです。

運動をする際は、「有酸素運動」「無酸素運動」の意味を少しだけでも理解すると効果が一気にUPします!準備運動も忘れずに。

有酸素運動について

ダイエットに有効的と言われている有酸素運動ですが、運動をただ単に行うよりも行う意味を知ったほうが実際にダイエット効果が上がることが知られてます。加えて、非常に興味深いことにスポーツジムに行くのも運動を行う意味を知っている方がスポーツジムに通う期間も長くなります。

有酸素運動は、酸素を使用してエネルギーを燃焼させる運動の事を言います。

人間の筋肉には、速筋と遅筋という2種類の筋肉があって、瞬発的な運動に行う筋肉が速筋になり、糖分を燃やす筋肉になります。糖分を燃やす筋肉なので、この筋肉を使用しても燃えて欲しい脂肪は燃えないのです。次に遅筋ですが、この筋肉は酸素を使用して、脂肪を燃焼させるのが大きな役割になります。そのため、脂肪を燃焼したい方にはこの遅筋を使用した運動を行う必要があるので、有酸素運動が必要になってくるのです。

有酸素運動には、酸素を適切に取り入れて、体を動かす、そしてぽかぽかするくらい運動をして体の芯から燃焼をさせるといった意味で運動を行うといった意味があります。

では、これを踏まえて有酸素運動の種類を紹介していきます。

ジムに行かない方が行う有酸素運動と言ったら、走ることを連想される方がほとんどです。実際、近所をランニングして結果を出している方もいますが、天候の影響や事故の危険などもあって継続的にやりにくい問題もあります。

しかし、スポーツジムに行くと何ができるとかというと、水泳やエアロバイク、または、ヨガやティラピス、ボクシングといった様々な器具を使用した有酸素運動を試すことができるのです。
初心者こそ、最初はスポーツジムに言って自分のある有酸素運動を探すことが非常に大切なのです。

一定の費用を払って、運動を行って自分にあった有酸素運動を探すことができ、道具が揃えられない運動はここでやるといった事や、複数の運動メニューを同時にやってもいいのです。スポーツジムで行う有酸素運動にはこうしたメリットがあるのです。

また、自分の健康状態に合わせてメニューを組むことが出来ます。足腰が悪い状態なら負担の少ない水泳といったメニューに切り替えることも可能です。おしりの脂肪を落としたい場合は、ボクシングのメニューでキックボクシングを入れることだって可能なのです。有酸素運動の種類が豊富で試せること、そして、それを楽しみながらやる環境が整っていることそれがスポーツジムで行う有酸素運動なのです。

効果的な運動方法【後編】に続きます。

 - 運動 , , ,