【スタジオレッスン・プログラム紹介】~音楽に合わせて動くエアロビクス~

 作成日:

entryimages_kenkostyle_5_07

エアロビクスは音楽に合わせて体を動かす有酸素運動のレッスン

エアロビクスと聞くと、レオタード姿やピッタリしたスパッツで運動する「ちょっとダサい」イメージをお持ちの方もいるかもしれませんが、近年のエアロビはとてもスタイリッシュ!ウェアもストリートダンスのようなおしゃれなものが最近の主流ですし、音楽も流行のものを使用したり、とてもかっこいいレッスンです!

スタジオレッスンの中では不動の人気を維持しているエアロビクス。人気の理由は、インストラクターのリードに従ってレッスンに参加している人達と一緒に得られる一体感が味わえるということ。

参加すればお分かりかと思いますが、音楽に合わせて動きこの一体感を一度味わえば、エアロビクスの魅力に一気に引き込まれるでしょう。本当にストレスが発散できますよ!

 運動効果が非常に高いのも人気の理由。45分~60分の有酸素運動ダイエットはもちろん持久力の向上にもぴったり。楽しみながら運度効果も期待できるレッスンです。

参加する時は体に不調がないか確認。激しい動きを行うので体に気になるところがあればお休みしましょう。

服装は、動きやすい服とスニーカー。事前に靴ひもがほどけていないかしっかり確認しましょう。汗を拭くタオルと水分補給用のドリンクもお忘れなく。

レッスンはまずウォーミングアップからスタート。

ビートの効いた音楽に合わせて足ふみすることから始まります。足ふみから、歩く、歩きながら肩を回すなど、ストレッチを行います。簡単なステップや手、腕を上げる動作も行います。エアロビクスでは足をとめた動作はしません。ストレッチの段階から歩いたりステップを踏みながら行います。

ストレッチが終わったらいよいよメインパート!!

レッスンによって異なりますが、メインパートは前半と後半に分かれることが多く、どちらかは動きが細かくて難しい動き、もう片方は運動量は多いけれど簡単な動き、などという場合が多いです。

音楽に合わせて、まずはインストラクターがコリオ(振り付け)のお手本を示してくれるので見ます。この時に動くと危ないので、足踏みをしながらしっかりお手本を見ましょう。

それからお手本の動きを2~3回に分けて練習します。みんなが慣れてきた頃に、また次の動きのお手本があり練習する、という流れになります。

後半になるにつれ、だんだん動きが激しくなってきます。走ったりジャンプしたりというハードな動作が入ってくるということなのですが、これがなかなか辛い!タダでさえ何十分も動いていた上に走ったりするわけなので一気に辛くなります。けれど、この後半の追い込みがエアロビクスの最高に楽しいところ。

 段々インストラクターと参加しているみんなのテンションも上がってきます。

最後に全てのコリオを通して動きます。最高にヘトヘトで汗もたくさんかきますが、ここでテンションマックスで頑張ります!長年エアロビクスを行っている人はかけ声を出したりなんてこともあります!

最後の5分~10分はクールダウン。動きをゆっくりと止めながら、上半身・下半身ともに簡単なストレッチをします。クールダウンのパートでは足の動きは止めて行います。一番最後に深呼吸をして、みんなで拍手をして終わり。体はちょっと疲れますがスッキリした気持ちになれます。

シンプルな動きをたくさん組み合わせて行うので、飽きずに長く楽しむことができます。

 またエアロビクスのレッスンには初心者向けから上級者向けまで様々なクラスがありますので、不安な人はビギナーズクラスから。慣れてきたら自分のレベルに応じて楽しむことができます。

 難しいクラスにチャレンジしてみるのも楽しみの一つです。

またインストラクターによってレッスンの雰囲気は随分異なってきます。自分のお気に入りのインストラクターを見つけてレッスンに参加するのも、いろんなインストラクターのレッスンを受けて楽しむのもどちらでもOKです!

 - スポーツクラブ(ジム)のプログラム紹介 , , , ,