正しい姿勢は運動でも日常生活でも、とても大切です。

 記事の最終更新日:   作成日:2012/12/28

普段から大きな鏡で自分の体全体を見る人は一体どれくらいいるでしょうか?

普段の自分の姿勢や顔つきをチェックしてみると、面白い事に気がつきます。
それは、左右の非対称さ、バランスの悪さです。

特にでやすいのは「顔」です。
みなさんも、チェックしてみてください。目の大きさは左右対称か?口角は左右同じ位置か?
噛み合わせはどうですか?
また、立って鏡を見て、肩・腰、腕や脚の関節などの位置を見てみてください。
わかりにくかったら、家族の方に手伝ってもらうのも良いかもしれません。

悪い姿勢を続けていると、身体が歪んできます。(体のバランスが悪くなり、痛みを引き起こす。頭痛、腰痛など)
いつも頭が痛い人は、噛み合わせが悪かったりしませんか?よく腰が痛くなる人は、足を組んで座っていませんか?

正しい姿勢で日常生活をしていれば、そういった痛みは徐々に改善していきます。1人で治すのが難しい場合は、整骨院や整体院、整形外科などでお手伝いしてくれますよ。

そして、スポーツも同じことが言えます。
どんな人も、慣れた動きをする時や、利き腕を使うために、体の左右どちらかに体重が多く掛かることがあります。スポーツでいうと、テニスやゴルフなどです。
これらを続けていると、例えば軽いものだと「どちらかの腕が長くなる」だとか「どちらかの腕が太くなる」などの症状ですが、
これが酷くなり、さらに無理を重ねてバランスの悪いままだと、「右腕だけ疲労骨折」や「右腕だけ腱鞘炎」などの症状がでてきます。

腕だけではなく、体全体に言える事です。右肩だけ痛いとか左の膝だけ痛いという人は、ぜひ体のバランスを見直してみてください。

みなさん、良いお年を!!

 - 健康 , , , ,