女性が運動時に気を付けて欲しい5つのことまとめ

 記事の最終更新日:   作成日:2015/4/23

kenkostyleinfo-lady-attention-5point-main

運動離れが進む現代でも意識の高い、「運動系女子」がいる!

学校を卒業した女性~20、30代の方の運動離れが進んでいる現代でも、しっかりと運動を取り入れて生活している意識の高い女性はいます。身体は、運動をしないと思った以上に早く衰えて行きます。

生活習慣病や、また女性の永遠のテーマであるダイエットのためにも継続して行う運動での注意点を今一度見直していきます。

【1】運動中の化粧は、お肌に悪い

kenkostyleinfo-lady-attention-5point-middle-01

運動中の化粧はお肌に悪い!?

人間は夏でも冬でも、季節に関係なく常に汗をかいています。

運動をすると汗をかき、老廃物を汗と共に流すことができます。なので運動は重要ですし、お風呂やサウナは健康に良いと言われています。

ですが、昨今の高性能ファンデーションを顔にがっちり塗った場合はどうでしょう。

その自然な汗を意図的に止めることになりますので、これは肌に良いこととは言えません。

【2】ストレッチを怠ると危険

kenkostyleinfo-lady-attention-5point-middle-02

運動中の怪我を防ぐ!ストレッチの重要性

怪我やトラブルを防ぎ、美しく丈夫な体を作っていくためには、ストレッチや準備体操を軽視してはいけません。

また、運動後のストレッチは疲労回復には最適です。激しい運動の後でもしっかりとストレッチを行うと翌日の筋肉痛がだいぶ和らぎます。
しなやかなボディを目指しましょう!

関連記事:けが予防だけじゃない!運動前後にストレッチをする目的

関連記事:運動後のストレッチは疲労回復の鍵

【3】スポーツブラを着用しないと胸の形がおかしくなる

kenkostyleinfo-lady-attention-5point-middle-03

スポーツブラをオススメする3つの理由

乳房には「クーパー靭帯」といって細かい繊維の様な神経が多く存在するのですが、これがバストの命と言っても過言ではありません。

この靭帯はゴムのように伸び縮みするので、激しいスポーツやランニングで乳房が上下に揺れるほど伸びていって最悪ちぎれます。
そうすると、形が変になったりします。

胸が垂れると言った弊害もありますし、金属部分がこすれて肌が黒ずむ可能性もあります。

【4】運動のしすぎ、意識のし過ぎは危険!

 kenkostyleinfo-lady-attention-5point-middle-04

運動のしすぎは老化を早める!?

激しい運動をした時に発生する「活性酸素」。これは実は体を錆びつかせる原因になります。

これを防ぐには自分に適した運動量、運動時間を知らなければなりません。
そんな時には「スポーツジム」のインストラクターの方々に聞いてみましょう!データやメソッドを持った専門家のサポートを受けての運動は、我流でがむしゃらに行うよりも安心・安全です。

【5】筋トレも意識してみることが大事!

加齢による体調不良を予防するために30代以降の女性が筋トレをすべき理由

30代に入ると、女性は年に1%づつ筋肉が減少すると言わています。

何もしなければそのまま筋肉は減少し続け、それに伴って体脂肪は増加していきます。体脂肪は筋肉があれば燃やされていきますが、筋肉が減れば体脂肪が燃えず、身体に残っていくことになります。なので、適度な筋トレをした方が良いでしょう。

健康のための運動!と言った趣旨でももちろん良いですが、一歩踏み込んで行くと、より良いものになります。

以上のことに注意して正しく運動を行って行きましょう!

特に最近は、女性専用のスポーツジムやフィットネスが急増中です。いつまでも若々しく、元気でいるために。そして美しくいるためには、運動は必須です!

その他にもスポーツジム初心者に役立つ情報を随時追加していきます!

スポーツクラブやスポーツジムでオススメの服装 kenkostyleinfo-sportgym-prepare-guide-thumbnail-under
▼スポーツクラブでオススメの服装・浮かない格好初めてスポーツジムに通う方、通おうと思っている方に!どんな服装で行けば良いのかな?どんな格好なら浮かないかな?色々と心配や不安な方はこれを見れば完璧。 ▼はじめてスポーツクラブへ入会する人のための初心者ガイド
これからはじめてスポーツクラブに入会する方や、「入会したいけどどうすればいいかわからない」というスポーツジム初心者の方のために、入会の流れや服装についてまとめました。

 - 健康 , ,