スポーツジム利用者しかできない!部分的な筋肉のトレーニングを効率的に行う方法

 作成日:

entryimages_kenkostyle_4_18

ジムに行きたい人で、まったく目的意識がない人はいないと思います。そして、目的意識を持っている、という人は何らかのなりたい体をイメージしているはずです。マシントレーニングは、そのなりたい体イメージの「鍛え上げられた部分」を集中的に鍛えていくときには非常に魅力的です。

たとえば、漫然と家で腹筋などをしていても、「どこを鍛えているのか」「本当に効果があるのか」「鍛えたいと思っている目標に本当にかなっているのか」など疑問を持ってしまいます。ジムだと、マシンに、体の絵が描かれていて、「この部分を鍛えます」と明確に指示されている場合がほとんどです。

同じ運動をするならば、目的に対してなるべく効率的な方法を選びたい

entryimages_middle_3_04

たとえば、お腹が出ているのが気になる人は、まずお腹のポッコリを何とかしたいと思ったとします。こんな人は、まずお腹ではなく、背中や太ももの大きな筋肉をみっちりと鍛え、その後、有酸素運動を行って、脂肪を落としていきます。

実は、腹筋をしてお腹がへこむのは体脂肪が少ないけれどもお腹が出ているタイプの人です。

こういう人は、お腹の筋肉を引き締めることによってお腹を押し込むわけですね。

また、腕を魅力的に見せたい、とかタンクトップを着たい、というようなタイプの人もいるでしょう。そうした行為が本当に他人に魅力的に映るかどうかはともかく、目的は明確です。そうしたときも、見せる=魅せるためにはどんな筋力トレーニングをしたらよいか、ということは上に書いた人たちとは少しずつ変わってきます。

自分に最適なトレーニングメニューを提案してくれるサービスも利用できる。

人間の体は様々な筋肉が複雑に組み合わされてできているものです。ある筋肉を鍛える、ということは、もしかすると、ほかのある筋肉にとって負担になることかもしれません。
また、自分の鍛えたいと思っている筋肉は非常にデリケートかもしれません。マシントレーニングで意気揚々と鍛え始めたはいいものの痛めてしまうかもしれません。

ある筋肉を鍛えたい、という部分的なトレーニングのニーズがあった場合でも、インストラクターに相談すれば、そこに付随する様々な関連性を元にトレーニングメニューを提案してくれることでしょう。少なくともインストラクターの方は、あなた以外の多くの人のトレーンニングを見てきていますし、マシンや肉体に関する知識も豊富です。

マシンを用いて鍛えたいところを鍛えるのは問題ないでしょう!

ただし、トレーニングメニュー全体を専門家に相談して、整えることをオススメします。そうすることで、あなたはただトレーニングをするのではなく「安全・効率的にトレーニングをすることができる」のです。

 - 運動 , , , ,