プロだから教えられる、スポーツジムの運動プログラム紹介【ベリーダンス編】

 作成日:

entryimages_kenkostyle_4_14

ベリーダンスは元々、トルコやエジプトなどで踊られている民族舞踊。ベリーとは「お腹」という意味で、その名前の通りお腹を動かして踊るのが特徴的でとても優雅なダンスです。

レッスンには腹筋を引き上げるような振り付け、二の腕が引き締まりそうな振り付けがたくさん盛り込まれているので、続けることで自然にシェイプアップが期待できます。また腰やお腹を動かすベリーダンスの振り付けは股関節周りが堅い人にぴったり!ダンスを楽しみながら股関節周りをほぐすことができます。

実際のスタジオレッスン「ベリーダンス」の流れ

基本ステップからゆっくり練習していくので、初心者の方でも大丈夫。参加者は女性が多いですが、最近は男性の参加人数も増えてきています。

レッスン時間は45分~60分のクラスがほとんどですが、まず最初の約10分はエキゾチックな音楽に合わせてストレッチを行います。胸筋、背筋、首まわり、腰まわり、股関節まわりなど全身をくまなくストレッチします。

ストレッチが終わったらベリーダンスの基本を練習します。まずベリーダンスの基本姿勢を確認。膝の力を抜き曲げた状態で、腰とお尻にできたカーブを無くします。恥骨を引き上げるとカーブが無くなります。この状態が基本の姿勢です。

その後10分ほど簡単なベリーダンスの動きを練習します。正面から見て横方向に無限大マークを描く「マイヤ」という動作や、片方の腰を持ち上げて落とす「ヒップドロップ」という動作など基本練習を行います。これは必ず毎回ありますので、初心者の方はここで確認できますし、慣れてきた人もさらに上手になるように練習できます。

 休憩タイムを挟んだら、いよいよ本格的なベリーダンスがはじまる!

entryimages_middle_3_03

最初は先生がお手本を見せてれます。その後に「1.2.3.4」と声をかけながらゆっくりと皆で振り付けを踊ります。

これを2~3回繰り返し振りを覚えたあと、音楽に合わせて踊ります。こうして確実に振り付けを覚えます。
レッスンのダンスプログラムは1~3ヶ月単位で一曲の振り付けを完成させるので、1日で終わるということはありません。なので1回につき少しづつゆっくりと振り付けを完成させます。

次回のレッスン時には前回の復習もありますので、レッスンについていけない、と感じることも少ないでしょう。 振り付けの最終日には簡単な発表会を行い、次からまた新しい振り付けで練習します。

ベリーダンス用の衣装を付けてレッスンに参加すればレッスンがもっと楽しくなるでしょう。インターネットでも簡単に購入できますので、「ベリーダンス 衣装」と検索してみてください。

特に腰に巻くヒップスカーフは、安価で手に入れやすくデザインもたくさんあるので、取り入れやすい衣装です。ぜひ着用してレッスンに参加してみてください。

 - 体験記 , , , , , , , ,