鯖缶で痩せる?!鯖缶で増える痩せるホルモンGLP-1

 記事の最終更新日:   作成日:2013/8/8

さばの水煮

このたび「努力なしで痩せられる」と言う魅力的な誘い文句と共に、バナナや納豆に続く簡単ダイエット食品が登場しました。

2013年7月30日に放送された「たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学」で痩せると話題になっている「鯖缶」です。

世間を騒がせているこの鯖缶について独自に調べてみました。
まずは下記ニュースを見て下さい。

「やせるホルモン」を出す細胞を刺激する食材と説明

サバ缶が売れまくる原因になったとされる番組は2013年7月30日放送の朝日放送「たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学」の特集「やせるホルモンで病の元凶【肥満】を解消SP」。まず、スリムな人が多いという山形県村山市の食生活を紹介し、スーパーで買い物をする人の特徴はサバ缶を買うことであり、サバ缶を使った料理を市民はたくさん食べているとした。

スタジオに登場した肥満治療の第一人者、小田原雅人東京医科大学主任教授は、どんな人の身体の中にもあるホルモン「GLP―1」がその鍵になると説明した。

「GLP―1」は必要以上の食べ過ぎを抑えて、糖分が腸で緩やかに吸収される働きを持つ「やせるホルモン」であり、小腸を刺激する食べ物を摂 ることによって分泌が促進する。その食べ物とは、食物繊維と、サバ缶だと説明した。画面にはマルハの「サバの水煮缶」が出た。鯖のような脂の乗った青身魚はEPA、DHAが豊富に含まれていて、このEPAが「GLP―1」を出す細胞を刺激するのだという。

この番組は「やせる努力をしなくてもやせられる物質が存在する」などと煽っていたため、ダイエットに興味のある人たちはすぐに飛びついてし まったようだ。ネットではすぐに「サバ缶でやせられるらしい」という情報が飛び交い、放送の翌日からはスーパーのサバ缶が見る見る売れていったようだ。そして13年8月6日のツイッターには、

「スーパーからサバ缶が消えたらしいね」
「品薄で申し訳ありませんって紙が貼ってあった」
「サバ缶いつもあるワゴンはサンマばっかりでしたw」

などといったつぶやきが出ている。

引用元:J-castニュース「サバ缶」が売れすぎてスーパー品薄、売り切れ またもやTVのダイエット特集で買い物客が殺到!!!

要するに鯖缶を食べると「GLP-1」というホルモンが増え、痩せることになると書かれています。
本当に痩せるのかな?なんて疑問を頂きつつも、このGLP-1について調べてみました。

痩せることになる物質「GLP-1」とは

「GLP-1」というのは「インクレチン」と呼ばれていて、消化管ホルモンの総称です。
「GLP-1」にはすい臓からインスリンの分泌を促進する効果があります。

インスリンと食事の関係について詳しくはこちら
⇒間食はダイエットの味方?仕組みを理解して食事をする。

鯖缶に「GLP-1」が入っているわけではなく、青身魚に多く含まれている「EPA」「GLP-1」の分泌を促進させるということです。

その効果ほ具体的に言うと、中性脂肪の吸収を阻害するだけのようです。「脂肪を吸収しにくいだけ」ということは痩せるというより太りにくくなるという捉え方の方が正しい気がします。

 鯖缶の塩分、油分を考えるとダイエットに効果があるとは思えない

entryimages_icon150_18

ちなみにこちらのマルハ さば水煮の内容量を調べてみました。

株式会社マルハニチロ食品のホームページを確認したところ、この鯖缶は1缶あたり190gで下記情報は内容量100gに含まれている栄養量です。1缶食べるならこれを2倍したものを摂取していると考えて下さい。

内容量100gあたりの栄養成分表
エネルギー 150~234kcal たんぱく質 15.5g 脂質 10.0~19.0g
炭水化物 0.2g ナトリウム 450mg 食塩相当量 1.1g

鯖缶とポテトチップスを比較するとほぼ同量429mgのナトリウムが入っています。もちろんポテチを食べるよりは全然マシだと思いますが、塩分の量で考えればダイエットには向いていません。

ナトリウム含有量の比較
マルハ さば水煮(100g) 450mg
ポテトチップス(コイケヤのりしお 90g) 429mg

どうしても「EPA」を摂取したい場合には、ナトリウム含有量の少ないサプリメントなら塩分の摂りすぎになりませんね。

ナトリウム含有量が少ない「GLP-1」の分泌を促進する「EPA」を含むサプリメント
DHA&EPA+セサミンE 商品名 DHA&EPA+セサミンE(120粒)
価格 5,775円(税込)
原材料名 DHA・EPA含有精製魚油、セサミン、ゼラチン、ビタミンE、グリセリン 
栄養成分 4粒(1.66g)あたり:DHA300mg/EPA100mg/セサミン10mg/ビタミンE55mg/熱量11.5kcal/たんぱく質0.50g/脂質1.01g/炭水化物0.04~0.13g/ナトリウム0~6mg/カリウム1mg未満/リン1mg未満
通販サイト 購入はこちら

 鯖缶以外にも「GLP-1」の分泌を促進する食品があります

カレーの色素であるウコンに含まれているクルクミンという成分にも、GLP-1の分泌を促す効果があると、最近の研究でわかってきたようです。
また、GLP-1を多く分泌させる成分「EPA」は青身魚に多く含まれているので、鯖だけでなく鰯(イワシ)を摂取してもOKということになります。

こう見ると、バナナや納豆に続き本当に効果があるのか疑問になってきます。そもそも、本当に●●を食べて痩せるという現実があるのならばバナナや納豆を食べている人はとっくに痩せているはずですよね。

懲りずにまた「●●を食べてダイエット」みたいなのが流行するあたり、効果がないものだったと思えます。

結論:太りにくい成分は確かに入っているが、痩せる成分ではない

そして、鯖缶に痩せる成分が入っているのではなく、鯖缶に多く含まれる「EPA」が太りにくくなる「GLP-1」の分泌を促す効果があるだけということです。

別にダイエットに限った話ではないですが、努力なしで何かを手に入れようと思うのは間違いです。

「太る」ということは体が示す最初の健康警告信号です。生活のバランスがおかしくなっているという警告です。このバランス状態のまま、さらに偏った食事をすると、さらに体がおかしなことになっていきます。

なので、健康スタイルでは「●●摂取ダイエット」や「●●抜きダイエット」というのはオススメしてません。

結局のところ運動をしてエネルギーを消費しないと痩せることはありません。

体重の増減は簡単な算数です
「体重の増減」=「摂取したエネルギー量」-「1日のエネルギー使用量」

食べた物のエネルギー量から1日に運動して使ったエネルギー量を引き算して、プラスになったら太ってしまうということです。

ちなみに筆者は鯖が嫌いなので、鯖缶食べれないですが中には痩せたくて頑張って鯖食べた人もいるかもしれないですね。でも、考えてみて下さい。嫌いなもの食べてダイエットするとか好きな物我慢してダイエットするとか、辛いと思いますし続きません。

それなら運動して好きな物食べた方がストレスも溜まらないし良いと思いませんか?
身体にも良いですよ!

 - ダイエット , , , ,