運動するならどの時間帯が良いの?朝と夜に運動するメリット

 記事の最終更新日:   作成日:2015/5/19

kenkostyleinfo-sports-good-time-main

日常的に運動をして、健康的な生活をしたいですが、運動は1日のどの時間帯に取り入れることが理想的なのでしょうか。これは運動する人の目的によって大きく異なります。

あなたの理想の時間は何時でしょう?

朝に運動するメリット

kenkostyleinfo-sports-good-time-middle-01

朝の運動には様々な効果があります!

まず朝日を浴びることで、脳が目覚めます!朝は苦手、少しでも寝ていたいと思う人もいるでしょう。

布団から出るまでは確かに辛いかもしれませんが、外に出てしまえば朝日が清々しく感じるはずです。

脳が一気に活性化するのでエンジン全開で運動を始めることができます!

ただし、準備運動は万全にする必要があります。

身体はまだ活動を始めたばかりですし、気温が上がっていない朝は動きも鈍くなるので、怪我の防止のためにストレッチを入念に行いましょう。

朝の運動で基礎代謝が向上するのも魅力

朝運動することで脂肪が燃えやすい状態になっていると言えます。その後の通勤やオフィスでの仕事にも影響してくるのですから、朝の運動はお得です。

また朝から運動することで、自律神経の働きを正常に保てます。自律神経が乱れてしまうと、身体のあちこちに異変がでてきます。うつ病などの精神的なものから、生活習慣病に循環器・消化器系の病気など様々です。朝から昼にかけて活発になる副交感神経を朝日と運動で目覚めさせましょう。

朝の運動には女性に嬉しいメリットも!

適度に運動することで便通がよくなり、便秘の解消につながります。

例えばジョギングを例にすると、走ることで腸が伸びたり、ひねりが加わったりと刺激されます。

朝からスッキリ便秘解消し、身体の中からもキレイになれます。ただし、朝は水分が不足している状態にありますので、運動前にはしっかりと水分補給をしておきましょう。

夜に運動するメリット

kenkostyleinfo-sports-good-time-middle-02

一方、夜派にもメリットがあります。

まずは日中、仕事や家事などで溜まったストレスの発散でしょう。

運動して汗を流す、スポーツに集中すると、他のことを考えづらくなります。

くよくよと悩んでいた気持ちや、その日起きたいらだたしいできごとも、運動が終わる頃には軽減されていることでしょう。

夜に運動する場合、体重を管理する際のメリットもあります

その日の摂取カロリーや運動量を参考にして、運動の時間や負荷を考えられるからです。

朝の交感神経とは逆に、副交感神経が働いている状態です。少々ハードな運動を取り入れて、シェイプアップや体力の向上には向いている時間帯です。

これは朝派にも同じことが言えますが、睡眠時間を削ってしまっては体調を崩しすので注意が必要です。

 - 健康 , ,