心と身体のメンテナンス!ストレッチでスッキリしよう

 作成日:

柔軟でしなやかな身体を手に入れることで、運動のみならず、普段の生活の中でもメリットがたくさんあります。

最近身体が硬くなってきたという人は危険なサインと捉えて、日々の生活にストレッチを取り入れてみましょう。

ストレッチで怪我をしにくい身体に

身体が硬くなるということは、筋肉の伸縮性がなくなり腱の働きが悪くなっている状態です。

身体は加齢や運動量の減少などの理由で、どんどん動かなくなっていきます。

動きが鈍ると血行が悪くなり、肩こりや眼精疲労、腰痛などの症状を引き起こします。

また、関節の可動領域が狭くなることで、怪我をしやすい身体になっていると言えます。

しかしストレッチをして柔らかくほぐしてあげることで、それらの症状は改善されていきます。

むくみの解消にも一役

身体が硬いと、リンパなどに溜まった老廃物が流れずに蓄積します。

こうなると身体も疲れやすくなり、運動するのも億劫になってしまうという悪循環に。

また、運動の機会が減ると、基礎代謝が落ちて太りやすくなるので生活習慣病につながってしまいます。

ストレッチを取り入れることで身体は柔らかくなり、その結果、血行もよくなるため老廃物が流れ、むくみの解消になります。

空いた時間にストレッチ

ストレッチは運動の前後に行うという印象があるかもしれませんが、日常の空いた時間に積極的に取り入れるべきです。

ストレッチは他の運動のようにカロリーを消費するものではありませんが、脂肪を燃焼しやすい環境を作るのに効果的です。

ストレッチでストレス解消

ゆったりとしたストレッチは精神面でもメリットがあります。

筋を伸ばし、筋肉の緊張を解いてあげることで、ストレスの発散になります。

また、ストレッチは気分転換にも効果があるので、仕事でうまくいかずに落ちこんだときや、リフレッシュしたい時にもオススメです。

自席に座りながらでも、上半身のストレッチは可能ですし、数分行うだけでも心を整えてくれます。

ストレスにさらされると、身体に力が入り全身のコリにつながるので、プレッシャーを感じたらトイレなどで首や背筋などをほぐすという解消法を取り入れてみてはいかがでしょうか。

パソコンに向き合う時間が長い人も、休憩のたびに行うとストレスの軽減につながります。

お風呂上がりのストレッチが効果的

ストレッチには最適な時間というものがあります。

それはお風呂上がりの身体がポカポカしている状態です。

筋肉の緊張も柔らかくほぐれている状態なので、関節も動きやすくなっているからです。

ストレッチをする際は、ヨガマットなどの身体への負担が軽減する場所で行い、一箇所だけ柔らかくするのではなく、足、腕、背中、腰、首などバランス良く行わなければなりません。

ストレッチメニューを自分で決めて順に行うなど、全身をほぐすイメージを持ちましょう。

やりすぎには注意!

少しでも柔らかくしたい気持ちはわかりますが、無理は禁物です。

やりすぎると筋を伸ばしてしまう危険があるので、自分の身体と相談し少しずつ可動範囲を広げていきましょう。

毎日コツコツとストレッチをすることで、アスリートのような180度開脚も可能になりますよ。

健康的な毎日を送るために

ストレッチは老化予防にもなりますし、いつまでも健やかな生活を送るために必要な運動です。

また、柔らかい身体は疲労回復にもつながります。

自宅で簡単にできる運動なので、積極的に取り入れて、健康的な毎日を送りましょう。

 - 健康