スポーツクラブ(ジム)のプールでオススメの水着の選び方

 記事の最終更新日:   作成日:2014/6/23

オススメの水着&選び方ガイド

意外と知られていないプールのダイエット効果、みなさんはもうジムのプールを使いましたか?
→水泳、プールで使う消費カロリーはウォーキングのなんと3倍!!

実はプールは凄いカロリー消費をするのですが、ジョギングやウォーキング・ランニングなどより簡単にできてしかも身体に負担をかけにくく、普段運動しない人にもオススメできるスポーツなのです!
→プールはダイエットの味方!膝を守れる有酸素運動

スポーツジムのプールを利用するのに必要なもの

細かい規則はスポーツジムによって違うので、ご自分が通っているスポーツジムに確認してください!

プールの入り口に張り紙があったり、入会時のパンフレットに書いてあります。わからなければ店員さんに確認しましょう。

プールに入る時の持ち物

・水着(スイミングウェア)※必須
・ゴーグル※必須
・スイミングキャップ※必須
・バスタオル(レンタルしたくない場合)
・ゴーグル用曇り止め
・耳栓
・ミニタオル(水につけてはだめ)
・水分補給用ドリンク
・アンダーショーツ(女性用)

ゴーグルとスイミングキャップはほとんどのスポーツジムでは必ず着用をしなくてはなりません。髪の長さは関係ありません、つけてない人はいませんので必ず用意しましょう。

女性は化粧は絶対に落としてください!怒られてしまいます。

オススメの水着・スイミングウェア

男性用水着はこちら

どんな水着を着ても大丈夫です!ただし、下記画像のような競泳用水着やシンプルなものを着用している方が多いです。(中には派手なアロハっぽいパンツをはいている方もいました。)

また、サーフパンツ(海パン)でも問題はありませんが、履いてる人はほとんど見かけないのとスポーツジムによっては禁止されている所もあります。

アバクロ Abercrombie&Fitch アバクロンビー&フィッチ メンズ 水着

アバクロ Abercrombie&Fitch アバクロンビー&フィッチ メンズ 水着

普通の水着です。シンプルな作りですがワンポイントでマークが入っています。真剣に水泳に取り組む方より水中歩行やアクアストレッチ(水中ストレッチ)などの軽い運動に向いています。

adidas(アディダス) スイムウェア メンズ FN

左:adidas(アディダス) スイムウェア メンズ FN

右:MIZUNO(ミズノ) スイムウェア ルーズハーフスパッツ

思い切りプールを端から端まで全力で泳ぎたい人や、少し高度なアクアビクス、本格的にクロールやバタフライのレッスンをしたい方はこのような水の抵抗が少ない水着が良いと思います!

女性用水着はこちら

女性の水着はスポーツジムによって色々な規則があり、違います。
しかし、ほとんどのジムではビキニやリゾート用の水着は禁止となっている場合が多いです!
禁止ではないジムもありますが、おしゃれ水着や露出の多いものを着用していると注意されるので、セパレーツのような水着を着用するべきでしょう。

(ルモード)lemode フィットネス水着

(ルモード)lemode フィットネス水着

セパレーツの水着はピッチリしていて、お腹周りのラインがくっきり見えるものが多いですがこちらの水着は前にチャックがついていて、少し調整できるのでオススメです!また、ワンサイズ上の物を買えば見せたくない部分を隠すことも可能です。

ドット柄 フィットネス水着

ドット柄 フィットネス水着

こちらは少しオシャレなもの。女性ですと水中歩行やアクアストレッチなどの軽い運動をする方も多いですが、普通に泳ぐ分にも使える水着です。

speedo(スピード) ウイメンズ セパレーツ

speedo(スピード) ウイメンズ セパレーツ

股下が長めなので、めくれ上がる心配がありません。水の抵抗が少なめなので、高度なアクアビクスなどに挑戦してみたい方にはオススメです!

水着用の小物

・ゴーグル

ゴーグル

ビュー(VIEW) FITNESSゴーグル ブラック BK V610

あまり安物すぎると付け心地が悪く、目の周りや頭が締め付けられて痛い場合も。できたらスポーツショップやジムなど、店頭に見に行って付けてみた方が良いと思います。

entryimages_item_02

・耳栓
ピップ イヤーホリデイ 防水タイプ (大人用) 専用ケース付

こちらは防水耳栓。柔らかいので耳にフィットしやすいです。装着、取り外しがしやすい設計で、水洗いで汚れも簡単に落ちます。また、水に浮いて取り扱いに便利な携帯ケースもついています!

泳ぐ際、耳に水が入るのが気になってしまうという方は1つ持っておいても良いと思います。

entryimages_item_03

・曇り止めスプレー
タバタ(TABATA) くもり止めスプレー スイミングゴーグル用

ゴーグルにつけるスプレーで、くもりを防ぎます。絶対に必要というわけではありませんが、あった方が便利です。

プールに入った方ならわかると思いますが、意外にゴーグルが曇ります。

entryimages_item_04

・スイミングキャップ
SPEEDO(スピード) メッシュキャップ ブラック

スポーツジムのプールではほとんどの所がスイミングキャップ着用必須になっています。髪の長さは関係ありません。

必ず持って行きましょう。

entryimages_item_05

・女性用アンダーショーツ
アリーナ レディースインナーショーツ

透けや、なんとなく気になる方にはオススメの水着用アンダーショーツ。1~2枚持っていれば、ジムだけではなく旅行などでビキニの下にも着れます。

その他の服装に関する役立つ記事を随時追加していきます!!

スポーツジム初心者用服装ガイド「男性版」 明日からでも通いたい!充実しすぎてビックリするフィットネス
▼スポーツクラブでオススメの服装・浮かない格好
初めてスポーツジムに通う方、通おうと思っている方に!どんな服装で行けば良いのかな?どんな格好なら浮かないかな?色々と心配や不安な方はこれを見れば完璧。
▼スポーツジムに行くメリット・デメリット
ちょっとした運動、ウォーキング・ジョギング程度なら、スポーツジムに通わなくても運動できるのでは?と思ってる人のために、スポーツジムに行くメリットとデメリットを説明します!!

プール、アクアスポーツに関する関連情報はこちら!!

スポーツクラブではじめてプールを利用する人向けガイド プールはダイエットの味方!膝を守れる有酸素運動
▼スポーツクラブではじめてプールを利用する人向けガイド
プールの利用には注意事項やマナーなどが多いです。これからはじめてスポーツクラブのプールを利用する方のためにわかりやすくまとめてみました。
▼プールはダイエットの味方!膝を守れる有酸素運動
体を傷めないよう、運動効率は適度に高く配慮するためにプールをしよう!ゆくゆくは地上で、という人もプールから始めるのがオススメです。
プールに入っていても水分補給は忘れずに 水泳、プールで使う消費カロリーはウォーキングのなんと3倍!!
▼プールに入っていても水分補給は忘れずに
実は、水の中でも人は運動するとちゃんと汗をかいています  水の中だと体温が上昇しにくいためあまりのどが渇かないので注意が必要です。
▼水泳、プールで使う消費カロリーはウォーキングのなんと3倍!!
ダイエットには有酸素&全身運動ができる水泳がオススメ。脂肪を燃焼させて痩せるためには最適!

 - プール , , ,