ボクササイズで全身の筋肉をまんべんなく鍛えられる?!

 記事の最終更新日:   作成日:2013/11/17

entryimages_kenkostyle_4_07

「ボクシングはパンチを打つだけだから、全身運動じゃないだろう。」と思われる方もいるかもしれませんが、ボクシングのパンチは、全て下半身と上半身を連動させて打つものなのです。

下半身が弱ければ、パンチを打った時に上体がぶれてしまい、腕しか使わないパンチ、通称「手打ち」となってしまいます。効果的にボクササイズを行うためには、ボクササイズの指導が出来るトレーナーの元で行います。

最初はボクシングのフォーム(構え)から入ります。これを1R3分間続けるだけでも、経験のない人には非常に苦しいです。それからジャブ、右ストレートと言った基本のパンチを打つようになりますが、全て下半身と連動させて打ちます。

特に右ストレートは、後ろ脚の爪先、膝、腰、肩を回して最後にパンチを打ちます。これにより全身を使って拳に体重を乗せます。

トレーナーはミットと言う物を持って、パンチを打たせます。実際打つ事によって、体重移動が出来ているか、全身が回転しているか等が実感出来ます。

 練習するとかっこいいパンチが決められる

最初はなかなか上手くパンチが打てなくて、面白くないかもしれませんが、反復練習する事により、いつか必ず「バシン」という凄い音を響かせるようになれます。腕力が無い女性であっても、全身でパンチを打つ事により、それだけ凄い威力が生み出せるという事です。

他にボクシングの練習方法としては、相手のパンチをしゃがんで避けたり、避けながら相手の懐に入ったり、ステップという足の動きの練習をしたり、マスボクシングという寸止めのボクシングをしたりします。

はっきり言って、最初一週間は非常にきついです。ですが、脂肪を落として筋肉を付けたい人には非常に利に適っているスポーツです。もちろんボクササイズですので、トレーナーに叱られる事等無く、楽しく、自分の目標に向かって続けられるのが、ボクササイズの醍醐味です。

何所のジムでも無料体験を行っていますので、一度、体験されてはどうでしょうか!

 - ボクササイズ , , , ,