ヨガを行うのに効果的な時間帯

 記事の最終更新日:   作成日:2014/1/14

entryimages_kenkostyle_4_19

ヨガを行う際に一番良い時間帯は早朝、朝食を食べる前と言われています。朝のヨガはすがすがしい気持ちになり、一日が快適に過ごせるようになります。ただ、仕事や家事など忙しい時間帯でもある為、ライフスタイルに合わせて、ヨガを無理なく継続できる時間に行うのが良いでしょう。

また、ねじりや逆転のポーズ時に気分が悪くならないように、食後に行う場合は、食後2時間以上あけて行うのが良いでしょう。

ヨガの前のウォーミングアップ!特に首・肩まわりはよくほぐそう

ヨガのポーズ(アーサナ)を行うときはいきなり大きな動きや強いねじりなどをするのではなく、はじめての方は無理をせず、力が抜けるように、軽くストレッチを行い、徐々にポーズに移っていくとよいでしょう。

また、ホールドする場合は5呼吸(吸って、吐いて)~長くて1分程度まで、無理のないように行いましょう。

はじめてヨガを行う時に取り組みやすいウォーミングアップのご紹介です。ヨガのポーズを円滑に行うための力を抜く準備としても有効です。

①椅子に座るか、のちにご紹介する半蓮華座の、足を組まない状態で楽に座ります。

②手のひらを下にして膝の上に置き、背筋を伸ばして下を向き、首の後ろをストレッチします。

③顔を正面に戻して、上を見上げるように軽く胸をそらせます。

④顔を正面に戻して、ゆっくり首を回します。(左右回しましょう)

⑤1,2で肩を上げて3でいっきに力を抜いて下します。3回程度、心地よいと感じる程度行いましょう。肩を下す時、猫背にならないように、背筋を伸ばし、軽くおなかを引き締めて行いましょう。

関連記事

はじめてヨガ教室に通う人のための初心者ガイド

楽して美ボディ!?ヨガ・ピラティスで新陳代謝アップ

 - ヨガ , , ,