ジムに関する広告出稿について

広告出稿について

当サイトはGoogle広告と提携しています。簡単な設定で当サイトにあるGoogleの広告枠に広告を配信できます。

Google広告の料金の計算式

Google広告は1クリックごとに請求される仕組みになっています。

たとえば、
  • 1クリック200円の設定で10クリックで1件の入会があった場合は、1人2,000円で集客できたことになります。

効果の高い広告を配信することが重要

Google広告は1クリックあたりの請求なので、成果報酬型アフィリエイト広告と異なり、申込み数に比例して莫大な広告費が請求されることがありません。

つまり、
  • 少ないクリック数で多くの申込みを獲得すれば、低コストで集客できるということです

ユーザーに何回もクリックさせるとお金がかかってしまいます。

わざわざ何回もクリックさせてしまうような反応の低い広告を出しても意味がありませんよね。

  • 成果報酬型の広告にこだわりすぎて、入会キャンペーンに割く費用が割り当てられないと思っている方もいるかもしれません。
  • Googleの広告は1クリックあたりの費用しか必要ないので訴求力のない広告を配信しても無意味です。

逆に、少ないクリックで集客できればいいだけなので、他のジムを超える入会キャンペーン通常の入会キャンペーン超える最大のキャンペーンを掲載してしまえばいいわけです。

  • 1クリックあたりの費用が200円の場合、1クリックで入会をしてもらえれば、集客費用は200円+入会キャンペーンコストということになりますよね。

例えば、当サイトでは次のような広告の広告効果が高くなります

1クリック200円で入会されると当サイトには130円ほどしか支払われませんが、当サイト的にはたくさんの人が気分よくジムに通ってもらえるだけでうれしいです!

Google広告の注意点

Google広告を利用して特別何も設定しない場合、あらゆる他のサイトにも広告が掲載されてしまいます。

たとえば、運動に関係のないニュースサイトなどに配信されてしまうかもしれません。それはとても非効率です。

  • 広告を掲載するサイトを当サイト(kenkostyle.info)に限定できます
  • 加えて、配信エリアを限定してください

広告を掲載するサイトを当サイト(kenkostyle.info)に限定する方法

配信設定の「プレースメント」→「複数のプレースメントを設定」に「https://kenkostyle.info」を入力していただければ、当サイトのみにピンポイントで広告の配信が可能です。

広告の配信エリアを限定する

経営しているジムが東京にある場合、大阪に広告を配信しても意味がありませんよね。ユーザーがジムに来ることができません。

google広告では広告配信エリアを選択できるので、経営しているジムが東京にある場合は東京だけに配信しましょう。

広告が掲載されない場合

「Google広告」は、広告枠に対する入札金額競争で成り立っています。

たとえば、あなたが当サイトに1クリック200円の設定をしている時、広告主Aさんが1クリック250円の設定をすると、広告主Aさんの広告が表示されることになるので、あなたの広告は表示されません。

あなたが当サイトに1クリック260円の設定をすると、広告主Aさんの設定金額250円を上回るので広告が表示され始めます。

1クリック260円の設定をしていてもクリックされない限り、広告費は発生しないので、丁度いい入会キャンペーンの設定とクリック単価の設定の組み合わせを探すと効果的な広告になります。

  • 地域を絞った当サイトへの配信の場合、1クリック250円程度の設定がおすすめです
  • 250円もかけるので、最大の入会特典付与が望ましいです
  • 1クリックで申し込みが得られれば250円での集客となるためです

広告費の考え方

1つの広告に依存しすぎると足元を見られてしまいますよね。なので、Google広告を併用して、広告代理店にプレッシャーを与えると効果的です。

たとえば、パーソナルジムの場合、1人の集客に成果報酬型広告で約3万円の費用が掛かっていると思います。

  • 入会キャンペーンに15,000円、Googleのクリック広告に10,000円分利用し1人の入会を目指すとします。
  • この設定で1人集客できた場合、25,000円で集客できたことになります。
  • さらにこの状況なら、入会キャンペーンに15,000円配分しているので周囲のライバル店よりも価格的に有利になるため、さらに効率的に集客が見込めそうです。

入会キャンペーンに関する失敗事例

先の項目で当サイト限定特典を掲載すると効果が高いと紹介しました。それは当サイト的にはメリットがありますが、ジムの経営面から見た時は正直すごく無意味です。無駄です。やめたほうがいいです。

広告の効果は、同一条件で掲載しないと比較できません。たとえば、特定サイト限定で特別に入会特典の金額多い入会特典を用意すると、他の広告の成果を吸収してしまいます。

一般的にジムの入会は下記のような経路をたどります。

  1. 広告Aでジムの存在を知る(例:10,000人)
  2. 1%が特大の入会キャンペーンを実施する広告Bを見つける(例:100人)
  3. 10%のユーザーがジムを申込みする(例:10人)

インターネット広告の世界では広告Bが評価されます。広告Aは評価されません。広告Aは評価されないので、広告Aには広告費が払われないことが多くなります。

すると、広告Aでは紹介されなくなります。あなたのジムはキャッシュバックする特大の入会特典を付与するサイト以外で紹介されなくなります。

そうして長い未来にわたり、ずっと広告Bだけにお金を支払い続けることになります。下手すると、広告費0円で獲得できたはずの自社の公式サイトの数字も広告Bの成果になってしまいます。加えて、広告Aからの提案も一切来なくなります。

ジムの存在を知らせる広告も少なくなるので、ジムの名前を知られることも少なくなっていきます。1のジムの存在を知るの母数が減ってしまうので、次のような流れが加速していくことになります。

  1. ジムの存在を知る(例:1,000人)
  2. 1%が特大の入会キャンペーンを実施する広告Bを見つける(例:10人)
  3. 10%のジムを申込みする(例:1人)
  • 特別多い入会特典や単なるキャッシュバック広告は悪影響の方が多いので注意が必要です
  • アフィリエイトなどのセルフバック広告も同様に無意味です
  • キャッシュバック広告にによる獲得は、あなたが広告担当者ならオススメの手法です。ジムの経営は傾きますが、自分の数字だけは積み増すことができます。

Google広告の利用についてはこちら

https://ads.google.com/intl/ja_JP/home/

※Google広告は、一日の予算額が 1,000 円以上(税抜)の方は電話サポートも利用できます。