通ってるパーソナルジムが倒産したらどうなる?返金対応はされるのか

感染症の影響でやむを得ず休業を続けていたスポーツジム業界では、いまだに厳しい状況に置かれています。

店舗閉店や縮小、さらにはジム自体の存続が危ういケースも。そんな中、中堅パーソナルジムといえるエクスリムとフィンクフィット倒産のニュースが業界に駆け巡りました。

通っているジムが倒産した場合、コース料金は返金されるのでしょうか?未消化分のセッションはどう扱われるのでしょうか?

気になるこの2点を解説していきます。

パーソナルジム・Xslimが倒産

エクスリム(株)(TDB企業コード:256013636、東京都新宿区新宿2-11-2、代表岡本浩氏)は、5月14日に東京地裁より破産手続き開始決定を受けた。

「新型コロナ関連倒産 プライベートジム「XSLiM(エクスリム)」運営会社が破産」Yahooニュース

2020年5月14日午後2時に、パーソナルジXslim(エクスリム)の破産手続開始が決定されました。

エクスリムは、2015年1月に新宿本店をオープンして以来、都内を中心に積極的に店舗拡大を進めており、総店舗数13店舗に及ぶ時期もありました。

主に20~30代の女性の会員が多く、年収入高約2億6700万円を計上していたことも。

パーソナルジム業界の中でも中堅のポジションを得ていた、と言えます。

にも関わらず、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて店舗を臨時休業した後、再開の見通しが立たず倒産、という形になりました。

利用者への対応

ジム利用者には近日中に、破産手続開始決定等を郵便にて送付する予定、とのこと。

破産手続開始決定のご連絡|公式サイト

債権者が多いなどの理由から、現在個別の対応はしていません。破産管財人への連絡や問合せは、原則としてEメール又は郵送のみです。

利用者内では混乱が広がっている

ネット上では、「店舗や本社と連絡がとれない」「返金してくれるのか分からない」といった不安の声が広がっています。

コース料金は返金はされるのか?

破産管財人としては、各利用者(会員)様は、未消化のセッション代金(有効期間内のもの)について、返金を求める権利があるものと考えております。したがって、未消化セッション代金相当額を計算し、債権届出をしてください。

エクスリム株式会社 破産管財人室「よくあるご質問・Q&A

返金する意思はある、ということですが、実際どうなるかは分かりません。

返金を希望する場合は、債権届出というものを提出する必要があります。

利用者に向けて破産債権届出書例が作成されているので、これを参考にして作ることになります。

破産債権届出書(利用者様)の作成に関する手順(作成手順書) |公式サイト

フィンクフィットも全店舗閉店

最新鋭の人工知能を使ったダイエット指導が人気のフィンクフィットも、2020年6月30日(火)をもって全店舗閉店の流れとなりました。

当店「FiNC Fit」は2014年の創業以来、7年余事業を続けてまいりましたが、来る6月30日をもちまして閉店することになりました。

「重要なお知らせ」FiNC Fit公式サイト

現在通っている会員には、別途ジム側から連絡がくるようですが返金対応があるかは不明です。

クレジットカード払いなら返金される可能性がある!

  • カードの引き落としが確定する前に抗弁権を利用することができる

スポーツジムの中には、コース料金をクレジットカードで支払うことができるところもあります。

コース料金をクレジットカードで支払った上でジムが倒産した場合、引き落としがかかる前に抗弁権を利用することで請求を止めることができます。

抗弁権とは

相手方の請求権の行使に対し、それを阻止し、請求を拒絶することのできる当事者の権利。(三省堂 大辞林より)

難しく書かれていますが、要は正当な理由を元に支払いを拒否することができる権利、のこと。

もし通っている途中でジムが倒産したら、私たちにはこの抗弁権を利用することができるわけです。
  • 万が一に備えて、クレジットカード払いしておくだけで保険代わりになる、ということです!

ただし必ず支払いを止められるわけではなく、引き落としがかかるまでに対応する必要があります。引き落としがかかった後はジム側の返金を待つしかありません。

なるべく締め日から引き落とし日までの期間があるクレジットカードが望ましいですね。

さらに分割払いもできると、審査があるため引き落としがかかりにくくなります。

※分割払いができるかはジムとカード会社の契約によるので要チェックです。

安心面をとるなら大手パーソナルジムがおすすめ

実はジム業界は前々から競争が激しく、店舗数が少ないジムはオープンしても1年持たずに潰れる、ということも少なくありませんでした。

その場合、今回のように支払ったコース料金が返金されるかは分かりません。

以前話題になった脱毛のお店が倒産したケースでも、支払った料金のサービスが受けられなったことがありました。

金額の安さで小さいパーソナルジムを選ぶと、いざ倒産した時に返金もされないサービスも受けられない、という最悪な事態に陥る可能性も。

お金の心配がない大手を選ぶ

店舗数が多く、運営規模の大きい大手パーソナルジムであれば破産の危険性がかなり低くなります。

例えば、今回エクスリムが倒産する際、多い時は13店舗あった支店が7店舗まで減っていました。

  • つまり、店舗の減少が著しいジムは倒産の危険性が高い、と言えます。

という考えを元に、大手パーソナルジムの店舗数推移を見てみると‥‥

  2020年2月時点 2020年5月29日時点 店舗増減数
69 68 -1
137 136 -1
13 7 -6

店舗自体は減少しているものの、1店舗のみならそこまで心配する必要はなさそうです。

特に24/7ワークアウトの場合、閉店したのは香港支店ですしね!

規模が大きいパーソナルジムでは、経営基盤も整っていて破産にしくいですし、そもそもトレーナーのレベルが高かったり、管理が徹底しているなど安心できる要素が多いです。

24/7であれば最大46,000円の割引を受けられる方法がある!

大手パーソナルジムは、金額の高さがネックになりがちですが、24/7ワークアウトであればクレジットカードの特典で最大46,000円の割引を受けることができます。

この特典が受けられるクレジットカード「セゾンカード」は、締め日から引き落とし日までの猶予も最大2ヵ月ありますし、分割払いでも2回までなら手数料がかかりません。

割引特典も受けられて、いざという時の保険にもなる、まさにうってつけのクレジットカードというわけです。

経営難で倒産、というのは実際ありえることですが、利用者としてはダイエットの途中で指導を放り出されたらたまったものではありません。

安心してダイエットを終えられるように、パーソナルジムを選ぶ必要があります。

感染症の拡大が懸念されている今こそ、ジム選びはより慎重にしてくださいね!