スポーツジムの失敗しない選び方!必ずチェックしたい6項目

スポーツジムで運動しようと思う人は健康に関して高い意識を持っている人です。
しかし、そんな人でもスポーツジムを通っている内に挫折してしまう人が多くいます。

今回は挫折に繋がる失敗理由を紹介していきます

後悔しないように体験後に本入会してください!

1日体験利用は必須!よくわからないまま入会すると、思っていたのと違うジムだったりして行かなくなる理由に繋がります。

入会金や会員証発行手数料がかかることが多いので、必ず体験してからジムに本入会しましょう。

選び方1:家、職場などから近いか?

最重要ポイントは、通いやすさ

通いやすさは、料金よりも重要な項目です。

「行きにくい→めんどくさい」という感情が、多くのスポーツジムに通おうとした人が挫折した1番の原因だからです。

行きたいと感じるポイントが多いスポーツジムが最適です!

ジムと自宅が離れていると、帰る時が大変です

冬は湯冷めしたり、夏はせっかくお風呂に入ったのにまた汗をかいたりするのでデメリットが多いです。

平日に行くのか、休日に行くのか

平日の通勤途中に行く場合、スポーツウェアといった物を一式運ぶ必要があります。

スポーツジム次第では貸しロッカー、貸しタオルもあるので確認してみてください。

スポーツジムの近くの施設をチェック

帰りにスーパーや薬局に買物に行ける場所かどうかなど確認できると良いですね!

選び方2:施設や設備をチェックする

1日体験コースを使ってロッカールームやお風呂の清潔度をチェック

入口から見える場所だけでもいいので、清潔かどうかよく見ておきましょう。トイレなど使ってみてください。

これからずっと通うことになるので、不快がずっと続く状態にならないよう注意です。

選び方3:見学・体験する

大抵の方は料金の方に目が行きがち

料金も重要ですが気にしすぎると、そもそもスポーツジムに通える回数が少なくなってしまったり、通う意味がなくなる場合があります。

安さだけでなく、コース内容もチェック

実はスポーツジムで料金が安い場合というのは、道具だけを使用するコースであることが多いです。

つまり、プールといった施設で泳ぐことを目的とするなら施設使用料で問題は無いのですがトレーナーつきのエクササイズを希望する場合は料金が変わってきます。

なので、単に表示されている料金でコースを選ぶと失敗する要因になります。

運動のみを目的とするか、トレーナーがいるかどうかはじめにコースを選択するときに聞くようにしてください。

ジムに通える時間を計算しよう

なぜか、気づきにくいポイントです。

会社からジムに通う時間と着替えの時間も計算にいれて考える必要があります
  • ジムが閉まる時間
  • マシンを使用する時間の終了時刻
  • 使いたいマシンの数
  • 自分がジムに通う時間帯が混雑しているかどうか

特にマシンの数が少なく自分がジムに通う予定の時間帯が混雑している場合は、利用できない可能性が高くなります。

スポーツジムに来たのにマシンが使えないと、ジムに来た意味がありません。

もし周りに2、3個ジムがあるなら比較検討してみましょう

自分の望むメニューが受けれるかどうか・混雑状況・マシン同士の距離・ジムの清潔度、この辺がチェックポイントです。

よくわからないまま入会すると、思っていたのと違うジムだったりして行かなくなる理由がコレです。

選び方4:主な混雑の時間帯を聞いておく

スポーツジムそれぞれで、混む時間帯が変わります

スポーツジムの立地、営業時間次第で利用者の年代がかなり変わります。

  • 駅に近いスポーツジムは会社帰りの人が来るので夜が混んでいる傾向
  • マンションなどに併設されているジムは住人や年配の方が多いので午前中が混む傾向があります

フリータイムがオススメ

コースを選択するときに、曜日限定や、朝だけなど、時間帯限定のプランがあったりします。

決まった日数や曜日の場合は、通常よりは料金が安いためそちらの方を選んでしまう方も多いようです。

しかし、実際に通ってみると契約した時間や曜日以外の方が運動しやすいことに気づいたり、仕事の都合で通えないといったことがわかってきます。

さらに、女性の場合は自分の体のバイオリズムが関係しているので、体調に合わせて運動メニューを調整する必要があります。日数を決めていたり、曜日を決めている場合はその調整ができないので、ジムに行くのが苦痛になる原因になります。

ですから、少し料金が高いものの最初はフリータイムにして、通いやすい曜日と時間を見つけてから、曜日限定などのプランに変更するのがおすすめです。

選び方5:会員の年齢層や雰囲気を把握しておく

自分の通いたい時間帯にどのような会員の方がいるか把握しておくこと。

常連のスペースなどそういった独自の雰囲気があるかどうかは要チェックです。

ちなみに筆者がはじめて行ったのは大手ではなく田舎のこじんまりしたスポーツジムで朝方に行っていましたが、年配の方が非常に多く、年齢的に輪に溶け込みにくかったことをよく覚えています。

選び方6:スタッフの対応を見ておく

スタッフの態度もじっくり見てみましょう!

笑顔で丁寧で親切ですか?他の会員に挨拶などしているか?

お客様の要望書など、壁に張り出されているスポーツジムもあるのでそれも見ておくとどんなスポーツジムなのか少しわかります。

スポーツジムごとの特徴をまとめました

スポーツジムは一律で同じではありません。

スポーツジムごとに得意な分野や特徴があります。何に力を入れているのかリサーチしましょう。

スポーツジム初心者情報のまとめ