スポーツクラブやスポーツジムでおすすめの服装

これからはじめてスポーツジムに行くときに不安になりがちな服装…どんな格好なら浮かないか?どういう組み合わせなら大丈夫か?いろいろと心配になりますよね。

そういう方に参考にしてもらいたい、スポーツクラブ(ジム)に着ていく服装について書いていきます。

購入する場合はサイズをしっかり確認してくださいね。

スポーツクラブ(ジム)に着ていく服装の予算

これから購入しようと思っている方は、通販なら大体予算10,000~20,000円程あればOK!

  • トップス:1,000円~3,000円程度
  • パンツ、ボトムス:2,000円~4,000円程度
  • アンダーシャツ:3,000円~
  • シューズ:5,000円~10,000円程度

金額はいくらでも良いから、良い素材でオシャレな商品が欲しい方は、百貨店のスポーツコーナーや専門店にてスタッフさんに伺いながら購入するのがいいでしょう。

女性版の服装ガイドはこちら

トップスのおすすめ(上に着るもの)

ジムの中は空調が管理されているので、季節問わず汗をかくことは覚悟しておいてください。なので、年中半袖・短パンの人が比較的多いです。

大手スポーツメーカーの商品なら吸汗性、透湿性、速乾性に優れているので運動をしていても汗でべたつきにくいのでおすすめ。

普通のTシャツでも問題ありません。

【1】半袖Tシャツ

人気ブランドadidas(アディダス)のメンズ、ショートスリーブシャツ。

シンプルなデザインなのでトレーニングやランニング等のスポーツシーンは勿論、普段着やリラックスタイムにもおすすめです。

【2】タンクトップ

男性はタンクトップを着ている方が非常に多いです!温度調節されてるとはいえ、真剣に運動しているとかなり汗だくになりますからね。

自分で持っている半袖やタンクトップでも代用可能ですが、スポーツ用品メーカーの商品はサイズが豊富に取り揃えられているので1枚買っておいて損はないですよ。

【3】パーカー

冬の寒い時期や、有酸素運動をしない時にも使える!もちろん、このまま運動してもOK。

この格好でジムへ来て、運動中は脱いで、という方は多いですね。

この辺はユニクロなどで購入しても良いですし、家にあるものでも問題ないかと思います。

【4】ジャケット(ライトダウン)

寒い時期に使えるパーカーは、風呂上りの湯冷めを防いだりと1枚持っていると何かと便利です。

裏地は起毛メッシュ使いで軽量かつ適度に保温性のあるウインドブレーカージャケット。

ユニクロでもOK!

スポーツウェアのパンツ、ボトムスのおすすめ(下に履くもの)

【1】ハーフパンツ

アンダーアーマーという有名なメーカーが出している商品。

4方向へのストレッチ性に優れ、あらゆる動きがスムーズになる他、汗による水分を素早く吸収、外部へ発散し、身体を常にドライに保ってくれる機能があります!

膝上のハーフパンツなので履いて動くとかなり短めです。

【2】ロングパンツ

こちらもアンダーアーマーから。長ズボンがお好みの方はこちらをぜひ!

撥水加工がされているので、外で運動する場合にも使えます。

スポーツ用アンダーシャツのおすすめ(下着など)

アンダーウェアって着たほうがいいの?

アスリートも着ている方が多いように、汗を吸収してすぐに発散させたり紫外線の遮断や筋肉への加圧、サポーターのように使ったりと、さまざまな効果があります。

特に男性用のアンダーウェアは、運動しながら筋肉を整える・関節の痛みや歪みを補正する疲労軽減効果の高いアンダーウェアが多いのでおすすめですよ。

アンダーウェアを着用するメリットについては別記事に書いてあるので、参考にしてくださいね。

最初慣れないうちは違和感や暑さを感じることがあると思いますが、慣れると手放せなくなってしまいます。

【1】上半身用のおすすめアンダーウェア

肩甲骨まわりのラインが左右の肩甲骨をバランスよく支えて、可動域を広げるタイプのもの。

UVカット、速乾性、吸水性も優れているので屋外のスポーツでもOK!

こちらの商品はかなりリーズナブルですので、一枚買って試してみるというのもありです。

【2】下半身用のおすすめアンダーウェア

上半身のアンダーウェアに慣れてきたら下半身も、というスタイルが良いかもですね。

こちらは下半身だけのもの。腰まわり、太もも周りを集中サポート!

着用はオススメしますが、アンダーウェアは無理して着るものではないです。

ただ、筋力をもっとつけたい、もっとトレーニングをしたいという場合にメリットが多いです!

ワコールのアンダーウェアはクオリティが高い!

公式サイト → 「ワコール CW-X men」

大手下着メーカーだからこそできるクオリティの高さに、驚きます!

筋肉の細部まで考えられたウェアの作りとこだわり抜いた素材についてただ関心するばかりです。

試しに他のウェアと着比べてみるのも良いかもしれません、その差に衝撃を受けます…。

少し値が張るのが難点ですが、値段以上の価値がありますよ!

特に紹介しているレボリューションシリーズがCW-X menの中でも特に人気!レビューでも高評価が多いですね。

こちらの商品は有名なスポーツ選手でも愛用している方多数ですよ!

スポーツ用のシューズ(靴)のおすすめ

スポーツシューズはお店に行って試し履きをしてから購入するのがおすすめ。

理由は別記事で詳しく書いております。

普通のスニーカーじゃダメなの?と思う方がいるかもしれませんが、日常生活やファッション性を前提にしているスニーカーはクッションが薄く、走ったり飛んだりという激しいジムでの運動には向いていません。

【1】スポーツシューズ

ジムで最も多く使われているシューズは、フィットネス(トレーニング)シューズと呼ばれるもの。

クッション性が高く、長時間運動しても脚への負担を抑えられます。

男女兼用。サイズも22-28.5まで幅広く取り揃えています!色もカラフルで可愛い!

ランニング、ロードレース、ジョギングなどにピッタリな一足です。フィット感抜群ですが靴自体は結構軽め。

ランニングはもちろん、ウォーキングやアウトドアなど幅広い運動に対応!

クッション性も反発力もあるおすすめのランニングシューズです。また、カラーバリエーションが豊富なのもいいですね!

【2】スポーツ用のソックス(靴下)

靴下にもスポーツ用とかあるの!?と思ったあなた。騙されたと思って履いてみましょう!

スポーツ用靴下の魅力をまとめた記事はこちら

5本指なのでベタつきにくいです!滑り止めもついているのでランニングやエクササイズに最適です。

スポーツジムに行く時におすすすめの鞄

着替え用品、スマホ、タオルなど自分でスポーツジムに持ち込みたいものがあればまとめた鞄を1つ用意しとくといいです。

アメニティは用意されている所とそうでない所があるので、シャンプーなどの持ち込みは自分の判断で。

【1】ボストンバッグ

こちらの商品は黒のほかにも赤もあるので、男女どちらも利用OK!お風呂用タオルや着替えの服までバッチリはいります。

スポーツウェアをいれるバッグは大きい物から小さい物、オシャレ・機能性重視など様々あるので別記事で紹介中!

その他の必要なもののまとめ

スポーツジム初心者情報のまとめ

女性の方用のスポーツジムの服装の記事はこちら

女性向けのスポーツジム用の周囲と浮かないオススメの服装を集めました。基本のセット以外にも靴やウェアを入れるカバン、スポーツブラについても紹介してます。

更新

ページを見る

この記事のカテゴリー:
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加