これで挫折知らず!スポーツジムを続けるための6つのテクニック

フィットネスクラブに行きたいけど、いつの間にか全く行かなくなりそう…。

と、挫折してしまわないか心配な方向けにスポーツジムを続けるためのコツをご紹介します。

是非生活に取り入れてみてください

【続けるコツ1】友人と一緒に行く

親しい友人と目標を持って運動をすれば、シェイプアップも楽しいこと間違いなしです。

一人で通っても友人を作る方法はたくさんあります!レッスンプログラムでいつも同じ人が同じ場所にくるので友人もできやすいですよ。

さらに、スポーツジムでは、時間帯で区切った運動だけでなく交流イベントも行っています!

運動以外のイベントで友人ができたと言う方も多くいるので積極的に参加してみてください。

【続けるコツ2】新しいウェアや靴を買う

形から入ることで運動に弾みも出てきます。

特に運動用に作られた靴は動きやすさが全然違うので、少し高価ないいものに変えたら運動が楽しくなったと言っている方もいました。

特に筆者は5本指ソックスがお気に入りです。足に力が入りやすくなります。いろいろ試すのもアリです。

【続けるコツ3】お風呂やスパが充実しているスポーツジムを選ぶ

運動設備も大切ですが、運動後のお風呂やスパはもっと重要です!

ゆっくりとお風呂に浸かって、心地よい汗を流す。そして水を飲んで、体に水分を補給して深呼吸をします。

運動後のリフレッシュする時間を大切にすることもスポーツジムに長く通うコツです。

【続けるコツ4】ハイレベルな目標設定をしない

個人的にも経験したことですが、特にダイエットではなかなか数字上での変化が見えません。

その間に「やっぱり体重変わらないじゃん!」と諦めてはその先に進めません。

「一ヶ月に○kg絶対に減らす」という目標設定を掲げることは立派ですが、現実的でない数字を○の中に入れるのは避けましょう。

自分自身にプレッシャーを与えすぎると、せっかく始めたフィットネスがつまらなくなってしまいます

【続けるコツ5】変化が見えたら自分を褒める

ある程度フィットネス通いが続いて、ほんのちょっとだけ体重や体脂肪に変化が見えたとしたらそれは素晴らしいことです。

実際は通い続けているだけでもすごいので、例えばさらに1kg体重が減ったとしたらこれはもう立派な結果を出したことになります。

小さな数字でも、減った体重と体脂肪を手帳にメモし続けておくと励みになりますよ

【続けるコツ6】停滞期は当たり前と思うべき

ある程度結果が出ていた人でも突然ぱたっと数字が動かなくなることがあります。

これが俗にいう停滞期といわれるものです。私は2年近く定期的な運動をしていますがこの数年間はなだらかな停滞期が続いています。それでも体調は良いですし、ウエスト、ヒップなどのサイズは殆ど変わらず維持されています。

停滞期も「現状維持が出来ている」と考えて、あまり無理をしないことがエクササイズを長続きさせるコツです。

それでもやっぱり不安という方は都度利用制がオススメ

それでもやっぱり仕事の時間もバラバラで行きにくいという方は、コナミスポーツで都度利用制というのがあるので、それを利用してみると良いかもしれません!

もっとハードルを下げて、まずは月1回の運動のきっかけを作るのにもぴったりです。

行った分だけしかお金を払わなくて良いので、完全に不定期な人や続くかわからないのにお金は払いたくないという人にはかなりオススメです。

都度利用制とは
通常の料金システムは月額費を支払ってコナミスポーツに通うスタイルですが、都度利用制は利用料金をその都度払うことによってコナミスポーツを利用する事が出来ます。

詳しくはこちらにまとめてあります