スポーツジムで浮かない服装とは?基本ルールとNGチェックリスト

このページでは、ジムがはじめての方向け無難なジム用の服装を選ぶポイントを解説していきます!

ジム用の服装に対する基本的な考え方

  • ジムのルールに抵触していなければ、好きなウェアを着て大丈夫です。
  • ジムのルールは入会時に案内されます(ジムごとに異なるので要チェック)

ジムの服装に対する考え方は、ジムの種類により大きく2つに分かれます。

1.本格的にトレーニングをする人が集まっているジムの場合

ジムのルールさえ守っていれば、他人のウェアについて気にする人はほとんどいません好きな服装でいいと思います。自由にして問題ないです。

しかしながら、自身の服装が他の人に対してどのように見えているのか気にしない方が集まっている可能性もあると言い換えることもできるので注意が必要です。ジム初心者の方がこの種類のジムに行くとびっくりしてしまうかもしれません。

2.初心者向けの一般的なスポーツジムの場合

ジムが初心者の方には、ファミリー向けのジムや幅広い年代の人が通う総合スポーツジムがおすすめなのですが、こちらはこちらで他の人の服装が気になるという人も多くいます。

「他人の目を気にする必要はない」と言えばそれまでですが、スポーツジムは不特定多数が利用する場所です。一緒にジムを利用する方が不快にならないよう、配慮する必要があります。

  • 自分がどう思うかではなく、他人が見て不快かどうか」について考えることが重要です。
自分の体を他人に見せたい、自分の体を他人に見せたくないなど、いろんな人がいるので生きづらい感じもしますが仕方ないですね…

次の項目から、他の人から見て「あれ?」と思われる可能性のある服装を紹介していきます。

【必須】これだけは守っておきたいルール

どのジムでもこれだけは避けたい服装というのも存在します。

【NG】悪臭を放つ衣服はダメ

自分の服から出ている悪臭に自分では気づきにくいですが、汗で濡れたスポーツウェアは汗や皮脂をエサにする雑菌にとって最適な環境!しかも長く使っていると汗の臭いって落ちにくくなるんですよね……。

洗ってない服や、ニオイがこびりついた服で行くのは絶対にNG!

対策しよう
  • 消臭成分配合の洗剤を使って正しく洗おう!
  • ハイターの漬け置き洗いで除菌もおすすめ!

【NG】上半身が裸

ダメです。暑くても節度は守ってトレーニングするようにしましょう。

自宅や男性専用のジムでトレーニングするならいいけど、女性がいる空間で上半身裸はデリカシーがないと思う。

【NG】サンダル・ジーパンなどの運動に適さない服

これから運動しよう!という場所で運動に向いていない服装はやはり悪目立ちしてしまいます。間違いなく浮きます。

ジーパンやサンダルなどはNGです。

そんな人はいないと思いつつも以前ジムでストレッチジーパンの方がいたので念のため。スタッフの方に注意されるかもしれません。

【NG】室内で帽子

空調も管理されているので部屋の中で帽子をかぶると浮きます。

かっこいい帽子だとしても、行きと帰りの道で着用しましょう!

ジムの雰囲気によっては浮いてしまう服装

本格的に鍛えている人が多いジム以外では、露出度が高い服装は避けた方がいいです。

ジムの客層や雰囲気によってわかれるところなので、初心者のうちは挑戦しない方が無難です。

初心者は避けよう!
  • タンクトップや短パンのみ
  • スポーツブラにレギンスのみ

【初心者はNG】露出度が高い服装

こういった身体にぴったりした服装は筋肉の動きを見ながらトレーニングできるため、本格的に身体を鍛えてる人が多いジムでは男女共によく見かけます。

本格的に鍛えるジム、ゴールドジムなどではむしろ多い方ですね。

ですが身体の凹凸がはっきり見えるので異性は当然、同性でも不快に思う人が一定数います。

不快に思うことはなくても、ちょっと近寄りがたい雰囲気はありますね。

なので肌を露出しすぎたり身体のラインが目立つウェアは初心者向きではありません。

通っているジムの雰囲気によっては避けた方が良い場合があります。

【初心者はNG】身体のラインがはっきり見える服装

身体のラインがはっきり見える服装は、セクシーで格好いいですよね。

ですが、男性からの視線がかなり集まってくるので目立ちたくないと考えているひとにはおすすめできない服装です。

逆に見られることでやる気があがる!という方には向いているとも言えます。

とはいえ、ジム側に「なぜ裸同然の格好で運動するのか?」といった苦情が入ることもあります。

つい目がいってしまうけど、セクハラって怒られそうで怖い…。通勤電車のように誤解されると嫌だな。

こんな風に目のやり場に困る人もいるのは事実です。

女性専用ジムならまだしも、男女共用のジムでは周りに配慮した格好をしたいですね。

【初心者はNG】下半身がタイツ(orスパッツ)

たまに見かける下半身がスポーツタイツのみという服装。傍からみるとほぼ下着。

ちなみに女性でもたまに見かける服装ですが、人によってはパンツラインが見えていることも……。

筋肉の動きを見ながらトレーニングするには最適ですが、ピチピチの下半身に良い印象は受けないですよね。

自身では格好良いと思っているのかもしれませんが、正直困ります。避ける対象にはなりますね。

上から短パンを履くなりして周りへの配慮を忘れないようにしましょう。

避けた方が無難な服装

【初心者はNG】素肌が見えてしまうほど薄いTシャツ

運動していて暑いのは分かるのですが、汗をかくとウェアが透けてしまうんですよね…特に色が薄いとTシャツだと、いろいろ見えちゃいます…。

対策しよう
  • Tシャツの下にアンダーウェアを着用しよう

アンダーウェアには汗を吸収して熱を発散させる効果あるものも多いのでおすすめですよ!

【初心者はNG】目立つ柄やビビットカラーの服

ビビットカラーや柄が入ったウェアは元気な活動的な印象がありますが、苦手な人も一定数います。目が痛くなってしまう、ということですね。

逆に野外でのランニングなどでは、交通事故などを防ぐ点でもビビットカラーの服装はおすすめです。

【初心者はNG】出身校のジャージ

たまに見かけるのが学生時代に使っていたジャージや体操着を着ている方。

機能性に優れているのでトレーニングする上では問題ないですが、ボロボロになってたり悪臭を放っていたら要注意です。

特に出身校のマークが入っているものだと、個人情報が気になります……。

まとめ

一部誤解があったので修正しましたが、基本的な考え方としてはジムの規約を守っていれば問題ない、ということ。

ですがやはり、スポーツジムはたくさんの人が集まる場所なので、ジムの規約を守りつつ、男女関係なく最低限のラインは守って見た目にも気を遣っていきたいですね。

ジムによっても浮く服装、浮かない服装には差がありますからね。難しいところです。

どんなデザインや色の服を着るかは個人の自由ですが、浮かない無難な服装を目指す場合は黒やグレー、白などの定番色を選ぶことをおすすめします。

あとは特に苦情が多いと言われている「臭い」「露出度」の問題に気をつけていれば大丈夫です。

具体的に、何を着たらいいか分からない人はこちらの服装ガイドを参考にしてみてください!

関連記事一覧