洗っても臭い?知っておきたいスポーツウェアの正しい洗濯方法

お気に入りのウェアを長く気持ちよく着れるように、スポーツウェアの正しい洗濯方法を紹介します。

洗い方を間違えると傷みが早かったり、嫌な臭いがついてしまったりするので要注意!

普通の洗濯ではだめなのか

普通の洗濯ではウェア独特の生臭いニオイの元を落としきれません。

スポーツウェアは汗で濡れるうえ皮脂汚れもつきやすいので、菌の繁殖に最適な環境。

なので普通の服に比べて臭いが残りやすく、洗ってるのになんか臭う!という事態に陥るんですよね。

スポーツウェアにおすすめの洗剤

一番おすすめなのはスポーツウェア専用の洗剤。

しつこい汗の臭いにも皮脂の黄ばみにも効果がある非常に優秀な洗濯洗剤です。

一方デメリットととして

  • 普通の洗剤に比べて高価(倍くらいの値段)
  • ネット通販以外だと入手しにくい

という点があげられるので、スポーツウェア専用の洗剤が手に入らない方は弱アルカリ性の洗剤を使うといいですよ

弱アルカリ性の洗剤には、皮脂とタンパク質を溶かして流しやすくしてくれる効果があるのでウェアの洗濯にぴったりです。

アルカリ性の洗剤が使えない素材には中性洗剤を使うといいですよ!

実は洗濯機で洗っても大丈夫

手洗いがいいというものの、ジムに行く度にウェアを手洗いするのは大変ですよね。

注意点さえおさえておけばスポーツウェアは洗濯機にかけても大丈夫!

洗う前にも注意!

  • すぐ洗えないと時はハンガーにかけて干す
  • 十分に浸け置きをしてから洗う

この2点に気をつけるだけで全然違います!

汗でびっしょり濡れた服をそのまま洗濯カゴに放り込んだり、スポーツバッグに入れっぱなしにするのはNG!

菌の繁殖を招きます!

すぐ洗えない時は風通しのよい場所に干すようにしてください。

他の服とまとめて洗わない!

スポーツウェアは他の服とは別で洗濯した方がいいです。
 
柔らかい生地で作られてるスポーツウェアは、かたい素材の服とまとめて洗うと擦りあって摩耗してしまう危険があります。

柔軟剤は使わない!

柔軟剤を使うと、成分がウェアの繊維に残って素材の気孔が詰まらしてしまいます。

汗や汚れがしっかり洗い流されなくなるため、独特のこもった臭いが落ちにくくなってしまうんですね。

着色料、香料が含まれている洗剤も使わない方がいいですよ

乾燥機にはかけないように!

ほとんどのスポーツウェアにはゴムバンドが入っているため、乾燥するとしわしわに縮んでしまう可能性が……。

なのでスポーツウェアを乾燥機にかけるのはNG!

ジムバックのお手入れも忘れずに

ウェアやシューズをしまっているバッグにも臭いや菌は残ってしまいます。

そのままにしておくとバッグ内に悪臭が溜まってしまうので、吸湿シートなどを入れて対策しておくといいですよ!

汚れが付着してしまった時は粘着シートでゴミをとってから、ウェットティッシュなどで拭いてください。

拭いた後は風通しのいい場所で乾かせばOKです!

スポーツウェアの関連記事一覧

 

Pocket