ジム女子が選ぶ定番~お洒落かわいいコーディネート集TOP4【2019年】

初めてジムに行くときって、やっぱり何を着ていけばいいのか悩みますよね。気合いをいれすぎて浮くのも嫌だし、案外変に見られない普通の服装って難しい。

この記事ではそんな悩みを解決するために、スポーツウェアの定番コーデとワンランク上のお洒落コーデをご紹介します!

さっそくコーディネート集TOP4を見る

基本スタイルとコーディネートの2つのコツ

スポーツウェアの基本的なスタイルはこちらの5点です。次にデザインと色に気を使えばいいわけです。

  • トップス
  • パンツ
  • アンダーシャツ
  • シューズ
  • スポーツブラ

選ぶコツ1:運動に適しているものを選ぶ

ジムに通う以上は、そもそも運動することが目的ですから動きやすく、吸湿性・速乾性の高いウェアを選ぶと効果的です!

選ぶコツ2:ジムの雰囲気に服装をあわせる

とは言うものの、初めてジムに行くのにそんなの分かりませんよね。まずはスポーツジムの雰囲気がどうやって決まるのか知る必要があります。

ジムの雰囲気は時間帯と立地によって全然違う

一般的なジムの利用年齢層はこのような感じ。

平日は昼間がシニア層、夕方から夜にかけては若年層が増えていく傾向があります。逆に休日は幅広い年齢層の人が利用している感じですね。

年齢層が変われば当然、服装の印象も変わります。

  • 年齢層が高ければより質素に、年齢層が低ければよりカジュアルになります

ジムの種類によっても違う

ジムの種類によっても、利用者の年齢層は変わってきます。

一般的なスポーツジムの場合

年齢層は幅広く、利用する時間帯によって雰囲気はがらりと変わります。

無難で目立たない服装がおすすめ。

パーソナルジムの場合

年齢層は若年~中年が多く、個室でマンツーマンの指導を受けるため服装は気にならないことが多いです。

ですがトレーナーさんが異性である可能性もあるので、目のやり場に困るほどセクシーな服を着るのはNG。

女性専用ジムの場合

年齢層は若年~中年が多く、男女共用のジムよりも肌を露出している人が多いです。

例えばトップスはスポーツブラやキャミソールのみ、アンダーは短パン生足やレギンスのみのいう人も普通に見かけます。

まずは超無難なコーディネートでとりあえず行ってみよう!

ジムの雰囲気をつかむためのポイントを説明してきましたが、では実際どうすればいいのか。

おすすめなのはとりあえず超無難な定番コーデで様子を見るです。

そこに通っている人がどんな服を着てるのかを見て、真似すれば絶対浮きません。

ジム女子が選ぶ定番~お洒落かわいいコーディネート集TOP4

人のコーデを見て真似をする前に、スポーツウェアの定番にどんなものがあるかは知っておくとスムーズ!

定番パターンは、そんなに多くないです。

【1位】これなら絶対浮かない!初心者の味方セットアップコーデ

迷ったらまずこれで間違いなし!初めてジムに行く人にはセットアップコーデをおすすめします。

上下セットで買えるので組み合わせに悩むこともありません。

ジャージタイプのものが主流ですが、最近はデザイン性が高いものも多いので、十分おしゃれを楽しめます。

【2位】ショーパン×レギンス!かっこよさをアピール

ジムでもよく見かける組み合わせの1つ!ジャージよりも身体にぴったりしていて動きやすく、女性らしいシルエットが出て◎。

特にスポーツウェアの定番アイテムのTシャツはとの組み合わせは最強!

まず浮くことがない完璧なコーディネートです。

特にTシャツは腕を細く見せてくれる効果もあるので体型に自信がなくても大丈夫です!

【3位】フードがアクセント、ジムのパーカーコーデもかわいい

パーカーはコーディネートの主役にもアクセントにもなってくれるので、組み合わせの自由度がかなり高いアイテム。

特に肌寒い季節には、上に1枚用意しておくと重宝しますよ!

カラーを取り入れやすいアイテムなので、パーカーに好きな色を差し込んでモノトーンのインナーとボトムと組み合わせると◎!

【4位】ゆったりとした服は用途次第でOK

袖がゆったりしたドルマンスリーブや、膝上がゆったりしたサルエルパンツはヨガウェアやダンスウェアとしては◎!

一方、ランニングや筋トレをメインで考えてる人は避けるべきです。

体型がカバーできるのでよさそうに見えますが、布が邪魔になるので運動の妨げになります。

利用者の大半を女性が占めるヨガでは、服装はよりカジュアルになる傾向があります!

女性らしいカラーや柄を取り入れても悪目立ちしないので、ゆるめのコーディネートを選んでもOK!

あんまり見ないコーディネート

セクシーすぎるスポーツブラとお腹丸出し

SNSで見掛けるようなスポーツブラにレギンスというセクシーなコーディネートは実は少数派。

服装に迷っている方はまず真似してはいけません。

目立つ柄やビビットカラーの服は目立ちすぎる

原色×原色の組み合わせや、花柄タイツなど派手すぎるのも少数派。ほとんど見たことありません。

やっぱり目がいっちゃいますし、悪目立ちしてしまうのでオススメできません。

目立つビビットカラーの服装は野外でのランニングなどにおすすめです。

ジムの服装の関連記事一覧

Pocket