はじめてスポーツクラブ(ジム)へ入会する人向け初心者ガイド

これからはじめてスポーツクラブに入会する方、入会したいけどわからないから不安…

と思っているスポーツジム初心者の方のために入会の流れや服装についてわかりやすくまとめました!

スポーツジムの入会は実は簡単

  1. 下調べ
  2. 1日体験利用【重要】
  3. 申し込み
  4. 入会
実は、たったこれだけなんです

入会するまでの流れ

スポーツクラブに入会時に必要な持ち物を集めよう

※スポーツクラブの種類や店舗によっては初月だけ会費を2ヵ月分払うこともあります。

【1】入会したいスポーツジム・フィットネスクラブの下調べ

6年間スポーツジムに通っている筆者が気づいたスポーツジムのチェックポイントです

【2】1日体験利用する

だいたいのジムで1日体験コースがあります。

これからずっと通うことになるので、通うたびに不快な気分にならないよう1日体験でチェックが必要です。

チェック項目
  • 混雑状況…混雑しているとマシンが利用できず意味がありません
  • 清潔かどうか…汚いと通うのがつらいです
  • 通っている年齢層は?…友達が作れるかどうか、年齢差があると会話が難しい
  • スタッフの対応…親切だと助かります

入会金や会員証発行費用もかかるので損しないためにも、1日体験は重要です。

【3】入会申し込みをする

入会したいスポーツジムが決まったら、店舗で申し込み書を記入します!

【4】入会完了

後日オリエンテーションのようなものを受けることができます、具体的にはここがトイレでここがお風呂で、ここが●●をする場所ですといった利用方法の案内になります。

施設の説明が終わったら後は自由に出入り&運動することができますよ。

スポーツクラブで運動する時の持ち物一覧

スポーツウェア

基本的にスポーツジムにいる方の服装は、半袖・半ズボンの方が多いです。男性ではタンクトップの方も多いです。

女性ですと可愛らしいパーカーと短パンや長ズボンの組み合わせみたいにオシャレな方が多いですね!

どんな服を着れば良いの!?という方はぜひ参考にしてください。

スポーツシューズ

スポーツシューズはジムによって規定があります。筆者が通っていたジムでは靴底が黒いものはNGでした(床に跡がつくため)

足の保護のためにもジム用の靴を一足用意しておいた方がいいですよ。

ランニングシューズ・ウォーキングシューズの選び方、靴下の重要性については以下にまとめてあります。

プールで使う水着等

プールを利用する予定のある方は、競泳用水着やキャップ・ゴーグルも持って行きましょう。

コンタクトレンズまたは度付きのゴーグルのみ持ち込むことができます。

はじめてのプールガイドはこちら↓

水分補給用ドリンク

お茶や水ではなくスポーツドリンクが良いです。

水筒・タンブラーがあると便利。適度な冷たさはモチベーションも上がりますが、冷やしすぎには注意。

タオル・ハンカチ

ジムは適度な温度管理がされていますが汗は必ず拭きましょう!

お風呂用のバスタオルから汗拭きのミニタオルまで、何枚かもっておくと便利です。

カバン

持ち物を全部まとめるためのスポーツ用カバンです。ジムにあるロッカーのサイズを見てから決めるのがオススメです。

旅行の時にも使えるものにすると一石二鳥ですよ

スポーツブラ(女性)

通常のブラで運動をすると胸に色々な悪影響を与えます。

絶対にスポーツブラを着用しましょう!

スポーツジムのお風呂を利用する時の持ち物

あると便利なもの一覧
  • バスタオル(大き目のものより小さめのタオルがおすすめ)
  • アメニティ(シャンプーなどの用品)
  • スーパー袋
  • くし

おすすめのバスタオル

ジムのお風呂を利用する人は持って行きましょう!

ロッカーまで距離があるので、風呂場に持ち込めるお手軽サイズのバスタオルがオススメです。

おすすめのシャンプーセット

よほど高級なスポーツクラブでなければ備え置きのシャンプーやリンスはそこまで良いものではなく、業務用の物がほとんどです。

いつも使っているメーカーやブランドがある方、しっかりと髪を洗いたい方は持ち込みをオススメします。

スポーツジムのお風呂のメリット

フィットネスのお風呂利用は、節約・リラックス・脂肪燃焼の3大メリットがあるためおすすめです。積極的に利用して行きましょう!

最近ではお風呂だけ利用できる会員制度もできてきているのでうまく利用して行きたいですね。

上級者向け、あると便利なもの

ちょっと慣れてきたら、こんなモノを持って行っても良いかも!

  • iPad等のタブレット
  • 音楽プレイヤー
  • シューズケース
  • 除菌・アルコールティッシュ
  • 荷物を入れるカバン

おすすめのイヤホン

ランニングマシンを使ってる人の90%は耳にイヤホンをさしています。音楽を聞いたり、テレビやラジオの音を拾ったり。

慣れないうちは音量を小さめにするのが良いかもしれません。

ダイエット・筋トレ後にはプロテインもおすすめ

筋トレ以外に、美容やダイエット目的にも使えますよ。

スポーツジムだから参加できる運動プログラム・レッスンの紹介

詳しくはスポーツジムに入会した時、初日のオリエンテーションで説明されます!

スポーツジムだからこそ気軽に参加できる豊富なレッスン

女性に人気!ヨガ・ピラティスでダイエット

きつい運動はしたくないけどシェイプアップしたい!そんなすべての女性にオススメするのがヨガ・ピラティスレッスン。

スポーツジムのメリットを活かそう

体温調節・安全・効果などの観点からスポーツジムに入会することは非常におすすめです。スポーツジムでしかできないことを再チェックしてみましょう。

自分に合ったスポーツクラブを見つける方法

入会するスポーツクラブが決まっていない方は、自分に合ったスポーツクラブを探すところから始める必要があります。

距離だけでの問題ではなく、雰囲気や他会員の年齢層・トレーナー、スタッフの対応など見るべき部分はたくさんあります。

自分が「どんな目的でスポーツジムに行くのか」を明確にしてから入会することをおすすめします。

スポーツジムごとの特徴を比較しました

スポーツジムは一律で同じではありません。ネット上にある口コミや評判も、口コミがされた時期や店舗ごとに事情が異なるので参考にすると失敗することになります。

スポーツジムにはそれぞれ得意な分野があります。ジムの得意な分野に焦点を当てて選ぶと上手く行きますよ!

料金プランを選ぼう

料金の支払い方は大きく分けて2つあります。

料金の支払い方
  • 利用料金を1ヵ月ごとに支払う「月会費制」
  • 1回の利用ごとに支払う「都度利用」

それぞれ、メリットとデメリットがあります。

  1. 「月会費制」は少し安めの設定、通えなかったりすると損。
  2. 「都度利用」は割高の設定、通えなくても費用はかからない。

料金プランが複雑で困った…。プランの選び方のまとめ

続けられるか不安な方は都度利用がおすすめ

都度利用の方法のまとめです。

スポーツジム初心者向けの記事