ウォーキングの効果

 作成日:

entryimages_kenkostyle_2_16

ウォーキングは健康のために良いといった話やダイエットに効果的といった話はよく聞きますが、具体的にどのような効果があるのでしょうか。

効果を期待するからこそウォーキングをしたいと思うきっかけになりますから、しっかりと把握しておくことが大切です。

まず、ウォーキングをすることで心肺機能が高まります。 ウォーキングをすることで心拍数が増しますよね。運動をすることで心臓が普段より多く動くことになりますから必然的に体内に酸素を取り込むことになり、肺が膨らんだり縮んだりしますから、心肺機能が上がることになります。

それを繰り返すことで心肺機能を高めることに繋がるのです。 心肺機能が高まるということは日常生活の中でも変化が見られることでしょう。 普段疲れていた階段などを悠々と上れるようになったり、ちょっとしたことでは疲れなくなったりと体力がつき疲れにくくなります。

さらに歩くことにより衝撃を足に受けることになり、骨にも影響があり、骨が強くなります。
骨はカルシウムで強くなると思われていますが、それだけではなく刺激を与えることで骨は強くなります。

さらにウォーキングは適度な運動として筋力を動かす運動になるのでもちろん筋力の低下を防ぎ、身体のバランス良い筋力をつけることができます。

そして血行も良くなります。運動することで血液の流れがよくなり、血液中の悪玉コレステロールを減らし善玉コレステロールが増えることになりますので、血液がサラサラになる効果もあるということです。

適度な運動でにより持続することでもちろんダイエット効果もあります。

脂肪やエネルギーを燃焼すること継続することで健康的なダイエットをすることができるでしょう。 ウォーキングは動脈硬化の防止や運動不足の解消など年齢とともに出てきてしまう生活習慣病の予防にもなる働きがあり、生活に取り入れることで健康的で良い結果を実感することができるでしょう。

 - 歩く・ウォーキング , , , , ,