スポーツクラブやスポーツジムでおすすめの服装

 記事の最終更新日:   作成日:2015/1/21

kenkostyleinfo-sportsgym-wear-guide-main

これから初めてスポーツジムに通う方、通おうと思っている方!

どんな服装で行けば良いのかな?どんな格好なら浮かないかな?と、色々と心配や不安があると思います。

そんな方のために、ここではスポーツクラブ(ジム)に着ていく服装について書いて行きたいと思います!

スポーツクラブ(ジム)に着ていく服装の基本の4点セット

基本的には、お店に売っているスポーツウェアで行けば間違いないです。

これから購入しようと思っている方は、大体予算10,000~20,000円程あればOK!

基本セットの予算
  • トップス:1,000円~3,000円程度
  • パンツ、ボトムス:2,000円~4,000円程度
  • アンダーシャツ:3,000円~
  • シューズ:5,000円~10,000円程度

女性版の服装ガイドはこちら

スポーツジム初心者用服装ガイド「女性版」
→【女性版!】スポーツクラブやスポーツジムでオススメの服装

スポーツウェアのトップス(上に着るもの)のおすすめ

冬でもスポーツジムで運動しているとかなりの汗をかくので、季節を問わず半袖、短パンの人が多いのでそちらも用意しておくと良いですよ。

普通のTシャツでも問題ないですが、大手スポーツ用品メーカーの商品なら吸汗性、透湿性、速乾性に優れているので運動をしていても汗でべたつきにくいのでおすすめ。

1:トレーニングウェア 半袖Tシャツ

人気ブランドadidas(アディダス)のメンズ、ショートスリーブシャツ。

シンプルなデザインなのでトレーニングやランニング等のスポーツシーンは勿論、普段着やリラックスタイムにもおすすめです。

2:タンクトップ

男性はタンクトップを着ている方も非常に多いです!温度調節されてるとはいえ、真剣に運動しているとかなり汗だくになります。

自分で持っている半袖やタンクトップでも代用可能ですが、スポーツ用品メーカーの商品はサイズが豊富に取り揃えられているので1枚買っておいて損はないですよ。

3:スポーツパーカー

冬の寒い時期や、有酸素運動をしない時にも使える!もちろん、このまま運動してもOK。

この格好でジムへ来て、運動中は脱いで、という方は多いですね。

この辺はユニクロなどで購入しても良いですし、家にあるものでも問題ないかと思います。

4:ジャケット(ライトダウン)

寒い時期に使えるパーカー。1枚持っていると何かと便利ですよ、ゴルフなどでも使えます。

裏地は起毛メッシュ使いで軽量かつ適度に保温性のあるウインドブレーカージャケット。

ユニクロでもOK!

スポーツウェアのパンツ、ボトムス(下に履くもの)のおすすめ

男性は半ズボンの方が圧倒的に多いですが、お好みで。

1:ハーフパンツ

アンダーアーマーという有名なメーカーさんが出しているハーパンです。

4方向へのストレッチ性に優れ、あらゆる動きがスムーズになる他、汗による水分を素早く吸収、外部へ発散し、身体を常にドライに保ってくれる機能があります!

膝上のハーフパンツなので履いて動くとかなり短めです。

2:ロングパンツ

こちらもアンダーアーマーから。長ズボンがお好みの方はこちらをぜひ!

撥水加工がされているので、外で運動する場合にも使えます。

スポーツ用アンダーシャツ(下着など)のおすすめ

スポーツ用アンダーウェアをご存知ですか?

アンダーウェアとは、運動をするジャージや服のさらに内側に着るインナーです。

汗を吸収してすぐに発散させたり紫外線の遮断や筋肉への加圧、サポーターのように使ったりさまざまな効果があるのでアスリートの方は使ってる人多いですよね。

特に男性用は、運動しながら筋肉を整える・関節の痛みや歪みを補正する疲労軽減効果の高いアンダーウェアが多い!

(テスラ)TESLA 冬用起毛ラウンドネックシャツ

アンダーウェアを着用するメリットについては別記事「アンダーウェアをおすすめしたい理由」に書いてあるので、興味のある方はぜひ見てくださいね。

長袖を着たら暑いのでは?という不安はありますよね、最初の慣れないうちは違和感や暑さを感じることがあると思いますが、慣れると手放せなくなってしまいますよ!マジで!

アンダーウェアの着用方法

アンダーウェアを着用した上に、トップスとボトムスを着用します。

アンダーウェアと書かれている商品に関しましては、決してそれを着用しただけでジムに行ってはいけませんよ!全身タイツの不審者だと思われかねません!

商品によってはそのまま着用して運動できる加圧ウェアなどもありますが、基本的にピッチリしていて全身タイツっぽい感じになってしまうので、ウェア着用後、さらにその上から何か着た方が良いと思います。(参考:下記画像)

1:上半身用のおすすめアンダーウェア

肩甲骨まわりのラインが左右の肩甲骨をバランスよく支えて、可動域を広げるタイプのもの。

UVカット、速乾性、吸水性も優れているので屋外のスポーツでもOK!

こちらの商品はかなりリーズナブルですので、一枚買って試してみるというのもありです。

2:下半身用のおすすめアンダーウェア

上半身のアンダーウェアに慣れてきたら下半身も、というスタイルが良いかもですね。

こちらは下半身だけのもの。腰まわり、太もも周りを集中サポート!

着用はオススメしますが、アンダーウェアは無理して着るものではないです。

ただ、筋力をもっとつけたい、もっとトレーニングをしたいという場合にメリットが多いです!

ワコールのアンダーウェアはクオリティが高い!

公式サイト → 「ワコール CW-X men」

大手下着メーカーだからこそできるクオリティの高さに、驚きます!

筋肉の細部まで考えられたウェアの作りとこだわり抜いた素材についてただ関心するばかりです。

試しに他のウェアと着比べてみるのも良いかもしれません、その差に衝撃を受けます…。

少し値が張るのが難点ですが、値段以上の価値がありますよ!

特に紹介しているレボリューションシリーズがCW-X menの中でも特に人気!レビューでも高評価が多いですね。

こちらの商品は有名なスポーツ選手でも愛用している方多数ですよ!

スポーツ用のシューズ(靴)のおすすめ

スポーツ用のシューズ【靴】

スポーツシューズは店頭に出向いて試し履きをしてから購入したほうが良いです。理由は「スポーツジムで使えるシューズの選び方」という記事で詳しく書いております。

普通のスニーカーじゃダメなの?と思う方がいるかもしれませんが、日常生活やファッション性を前提にしているスニーカーはクッションが薄いです。

走ったり飛んだりという激しいジムでの運動では向いておらず、足を痛める可能性があります。

このへんは別記事で詳しく解説してます⇒ウォーキングと足のトラブル

1:スポーツシューズ

ジムで最も多く使われているシューズは、フィットネス(トレーニング)シューズと呼ばれるもの。

クッション性が高く、長時間運動しても脚への負担を抑えられます。

男女兼用。サイズも22-28.5まで幅広く取り揃えています!色もカラフルで可愛い!

ランニング、ロードレース、ジョギングなどにピッタリな一足です。フィット感抜群ですが靴自体は結構軽め。

ランニングはもちろん、ウォーキングやアウトドアなど幅広い運動に対応!

クッション性も反発力もあるおすすめのランニングシューズです。また、カラーバリエーションが豊富なのもいいですね!

2:スポーツ用のソックス(靴下)

靴下にもスポーツ用とかあるの!?と思ったあなた。騙されたと思って履いてみましょう!

スポーツ用靴下の魅力をまとめた記事はこちら
→「着用スポーツの疲労を軽減する機能性靴下をご存知ですか?」

5本指なのでベタつきにくいです!滑り止めもついているのでランニングやエクササイズに最適です。

スポーツジムに行く時におすすすめの鞄

着替え用品、スマホ、タオルなど自分でスポーツジムに持ち込みたいものがあればまとめた鞄を1つ用意しとくといいです。

アメニティは用意されている所とそうでない所があるので、シャンプーなどの持ち込みは自分の判断で。

1:ボストンバッグ

こちらの商品は黒のほかにも赤もあるので、男女どちらも利用OK!お風呂用タオルや着替えの服までバッチリはいります。

荷物をまとめる鞄は大きい物から小さい物、オシャレ・機能性重視など様々あるので別記事でも紹介中!

→「スポーツジムに持って行くカバン」

スポーツジム初心者情報のまとめ

女性版の服装ガイドはこちら

スポーツジム初心者用服装ガイド「女性版」
→【女性版!】スポーツクラブやスポーツジムでオススメの服装

 - 服装・靴・シューズ , ,