ライザップの退会方法を解説!返金保証の使い方や解約時の注意点も

ライザップを退会方法について解説していきます。

返金額の計算方法や返金保証制度の利用方法と注意点もわかりやすく説明。

退会の流れ

退会する方法はいたって簡単でライザップ店舗の受付で退会の意思を伝えるだけ。

そうすればライザップ側で必要書類などを用意してくれるので、指示に従って退会の手続きを進めれば問題ありません。

引き止めは店舗やトレーナー個人によって差がありますが完全に0ではないです。

退会する理由

パーソナルジムを退会する理由は人それぞれ。中にはトレーニングや食事指導についていけず退会する人もいます。

  • トレーニングや食事指導についていけなかった
  • 仕事が忙しくなっていけなくなった
  • 転勤・引っ越しが決まった
  • サービス内容が思ったのと違った
  • 結婚することになった
  • 家族の介護が必要になり通えなくなった
  • 怪我をして運動できなくなった

ですが折角高額な料金を払って入会したパーソナルジムを辞めるのは勿体無いですよね。

もし退会する理由が短期間で解決する場合は必ずしも退会する必要はありません。

休会制度を利用する

休会状態になるには、コース期間が終了後自動的に休会に入るパターンと、自己申告して休会するパターンの2通りがあり、最大半年まで休会できます。

ですがライザップ公式サイト休会制度の有無については明記されていません。

会則内に以下の文言があるので、一定の条件下であればトレーニングを延長し休会状態に入れるようです。

会員(ビジターを含みます。)は、コースの有効期限内に規定回数のトレーニングを実施できないときは、会社所定の書面により有効期限の延長手続きを行うことができるものとします。延長期間については、施設内諸規則に定めるとおりとします。

ライザップメンバーズクラブ会員会則「第20条 有効期限の延長」(https://www.rizap.jp/images/rizap_kaisoku.pdf)

つまり、コース契約中に何らかの形で期限内にトレーニングを受けられなくなっても、一定条件下で期間を延長できる、ということ。

例えば数か月間海外出張に行くことになった、などの場合はこの制度を利用すれば退会しなくても大丈夫なんですね。

それでも退会する場合

問題が短期間で解決しない場合は残念ですが退会しなければなりません。

退会する場合は全額返金保証の適用がされるのか、適用外だった場合の注意点や、退会のデメリットをしっかりと把握しておきましょう。

ライザップの返金保証制度は複雑になっています。知らず知らずのうちに損していた、ということにならないよう分かりやすく順を追って説明します。

全額返金保証を使うには

ライザップでは、プログラム開始から30日間でサービスに満足できなかった場合支払われた費用を全て返金する、という返金保証制度を設けています。

これにはコース料金はもちろん入会金も含め全額返金。

ただしそれ以外のプロテインやサプリメント代は返金対象外になります。

公式サイト上でもいかなる理由でも返金するとしており、引っ越し・仕事が忙しくなった・結婚することになった、などの理由でも返金対象となっています。

ただし無断キャンセルが長く続いたり、トレーナーに指示された食事報告を頻繁に怠った場合は例外になる可能性があります。

他のパーソナルジムの返金制度を知りたい方はこちらもチェック!

全額返金保証制度を利用する際の注意点

  • コース料金外のプロテインなどの商品の代金は返金されない
  • 全額返金保証制度を利用した人は今後一切ライザップを利用できない。

一番のデメリットはこの制度を利用すると、今後一切ライザップグループの施設が利用できなくなるという点。

ライザップグループは暗闇フィットネスクラブEXPAや、セミパーソナルジムSOUCYM、ボディメイクヨガLIPTYなどを運営しており、これらの施設が一切使えないのは後々困ることになるかもしれません。

分割払いの場合はどうなる?

トレーニング料金が高額なことで知られるライザップでは、分割払いを利用する人も少なくないですが、その場合返金はどのようにされるのでしょうか。

ライザップの会則を確認してみるとこのような一文が記載されています。

会員が会社と割賦販売契約を締結して諸費用を支払っている場合、支払い済みの諸費用を返金いたします。

ライザップメンバーズクラブ会員会則「第26条 30日間全額返金保証制度」第3項 (https://www.rizap.jp/images/rizap_kaisoku.pdf)

つまり、退会する時点で支払った分を返金します、という内容。

退会時点で支払っていない分は、もちろん今後支払う必要はありません。

30日間を過ぎた場合

返金保証である30日間を過ぎてから退会する場合はこちらの条件が適用されます。

大きな違いは以下の2点。

  • 入会金は返ってこない
  • 退会手数料として最大20,000円が引かれる

返金保証期間を過ぎてからの中途解約で返金対象となるのはコース料金のみ。入会金は返ってきません。

返金額の計算式は「契約コースの費用÷トレーニング回数×実施しなかったトレーニング回数」から、その合計の10%または20,000円どちらか低い方を引いた金額。

つまり1回あたりのトレーニング料金を計算して、受けてない分の合計から一定の退会手数料を引く、ということですね。

文字だと分かりにくいので実際の料金で計算してみましょう。仮にシェイプアッププランで契約したものの9回までトレーニングを受けた後退会する場合はこうなります。

ここまでが実施されなかった分のトレーニング料金の計算。ここから退会手数料分の金額を引いていきます。

※実際には退会手数料という文言はライザップでは使用していませんが分かりやすいのでそのように記載しています。

これで実際の返金額が計算できました。

返金されないよりかはマシですが手数料分も取られてしまうので勿体ないですね。

分割払いの時は手数料に注意

分割払いで契約していた上で、トレーニングを1回以上受けた後で解約すると割賦販売手数料を支払わないといけません。

つまりどういうことかというと、現金払いと分割払いの差額=分割払いの手数料分は利用者が払わないといけない、ということ。

2か月コースのシェイプアッププログラムを例にとって、現金払い時と60回の分割払い時の料金を比較してみると、なんと20万円以上増えています。

現金払い 分割払い
入会金55,000円+コース料金321,840円で合計376,840円

頭金5,000円+1か月目13,806円+月々9,900円×59回で合計602,906円

分割払いには手数料が19.8%かかる仕組みになっており、その手数料分は利用者負担となってしまうということですね。

退会に関するQ&A

再入会は可能か?

全額返金保証制度を利用していなけれな再入会は可能。その時は入会金が不要になります。

違約金はあるのか?

違約金はありませんが、退会手数料が最大20,000円かかります。

ネットや電話で退会できる?

できません。ライザップを退会するには必ず店頭で申し出をして書面での手続きをする必要があります。

まとめ

ライザップの退会方法は簡単ですが、返金の条件や計算方法は少しややこしくなっていますね。

休会制度をうまく利用しながらできるだけ退会することがないようにしたいものです。

貸しロッカー
高級さ
ウェアレンタル無料
ウェアレンタル有料
食事指導
アフターケア
返金保証
女性専用
紹介制度の利用で割引が受けられる
70,000円相当割引できる
おすすめ度 4/5点
入会金 50,000円
入会資格 満16歳以上の方
料金
  1. シェイプアッププログラム 298,000円から 2カ月~/週2回/50分/16回~
  2. シェイプアッププログラム プラス 498,000円から 2カ月~/週2回/80分/16回~
  3. ペアシェイプアッププログラム 398,000円から 2カ月~/週2回/50分/16回~
  4. ペアシェイプアッププログラム プラス 648,000円から 2カ月~/週2回/80分/16回~
  5. モデルプログラム 298,000円から 2カ月~/週2回/50分/16回~
  6. 美脚プログラム 298,000円から 2カ月~/週2回/50分/16回~
  7. マッスルゲインプログラム 298,000円から 2カ月~/週2回/50分/16回~
  8. ボディマネジメントプログラム 29,800円 月2回のアフターケア用のプログラム
料金の割引方法 RIZAP(ライザップ)の値段を安くする8つの割引方法
全額返金保証

30日間の全額返金制度あり

支払い方法 デビットカード払い/銀行振込/ローン
営業時間 7:00~23:00
合計店舗数 135店舗
店舗エリア 千代田区中央区港区新宿区台東区墨田区目黒区大田区世田谷区渋谷区豊島区練馬区足立区江戸川区北海道青森茨城新潟三重徳島福岡岩手栃木富山滋賀香川佐賀東北宮城群馬石川京都岡山愛媛長崎関東秋田埼玉福井大阪広島高知熊本中部山形千葉山梨兵庫山口大分近畿福島東京長野奈良宮崎神奈川岐阜和歌山鹿児島四国静岡九州愛知沖縄

関連記事一覧